こどもの摂食障害―エビデンスにもとづくアプローチ

個数:

こどもの摂食障害―エビデンスにもとづくアプローチ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年01月23日 15時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784772417372
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C3011

内容説明

摂食障害の発症については、ストレスなどの心理的要因によるものとする見方が長らく定説とされてきたが、具体的にどのようなメカニズムで摂食障害を引き起こすのだろうか?引き起こすとすればそのエビデンスはなにか?長年にわたって臨床心理士として医療機関で摂食障害とかかわってきた著者は、そうした疑問を背景に、発症の経過や契機、性格傾向、体重と症状との関連などについて事実にもとづいて検討し、それぞれ得られた結果を専門学会や論文で発表してきたが、本書はそうした一連の報告内容を整理したものである。著者の経験をもとに提示される臨床的事実と、エビデンスから導き出される具体的な治療アプローチや精神病理についての考察は、摂食障害を理解し、かかわっていく上で貴重な知見として読み継がれていくだろう。

目次

第1部 摂食障害の代表例、神経性無食欲症(AN)の臨床的事実(発症経過;発症契機;発症前の性格傾向;男子例;低体重、低栄養状態が心身にもたらす深刻な弊害;経過中にみられる「せわしさ」,過活動;体重が回復すると症状は改善する;体重はスムーズに増えるわけではない;体重が回復していく過程で発現する過食行動)
第2部 神経性無食欲症(AN)の臨床的事実を踏まえて(臨床的事実としての発症経過、発症契機、発症前の性格傾向が意味するもの;エビデンスにもとづく治療的アプローチ;痩せ願望以外の動機によって発症する摂食障害;古典とされるANの古い報告例も痩せ願望だったのか?;古典例や痩せ願望以外による摂食障害―そしてANに共通するもの;ANは心理的ストレスなど心理的環境要因が原因なのか?;従来指摘されてきた精神病理をどうみるか;エビデンス的事項のまとめ)

著者等紹介

稲沼邦夫[イナヌマクニオ]
1949年生まれ。茨城大学教育学部卒業。同大学教育専攻科(教育心理学専攻)修了。茨城県立こども病院臨床心理科ほかを経て、現在、茨城県教育研修センター教育相談課三の丸分室勤務(非常勤嘱託)。臨床心理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。