ミルトン・エリクソン―その生涯と治療技法 (新装版)

個数:

ミルトン・エリクソン―その生涯と治療技法 (新装版)

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784772417174
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

既成概念に囚われないミルトン・エリクソンのアプローチが心理療法の世界に与えた響影は計り知れない。優れて実践の人であった彼は、クライエントの本質を見抜くために既成理論を遠ざけ、クライエントのニーズに合わせて介入法をカスタマイズすると同時に、メタファー、積極的介入、催眠誘導、逸話(アネクドート)など革新的技法を編み出すコミュニケーションの達人でもあった。ユニークな技法のエッセンスが数々のエピソードとともに解説され、ジェイ・ヘイリー、ジョン・ウィークランド、グレゴリー・ベイトソンとのダイアローグも収録された、ミルトン・エリクソンを理解するための入門ガイド。

目次

第1章 ミルトン・H.エリクソンの生涯(概観;催眠に目覚める ほか)
第2章 エリクソンの貢献(エリクソンの主要な貢献;治癒力(Healing Agent)としての無意識 ほか)
第3章 主要な技法(催眠;メタフォー ほか)
第4章 批判と反論(理論的批判;倫理的批判 ほか)
第5章 ミルトン・エリクソンの総合的な影響(催眠療法;デモンストレーション ほか)

著者等紹介

ザイグ,ジェフリー・K.[ザイグ,ジェフリーK.] [Zeig,Jeffrey K.]
ミルトン・エリクソン財団の創立者で理事長。エリクソニアン心理療法、催眠療法、ブリーフ・セラピー、折衷的心理療法など広範な領域にわたって著作がある。開業しており、世界中でエリクソニアン心理療法のワークショップをおこなっている

ムニオン,W.マイケル[ムニオン,W.マイケル] [Munion,W.Michael]
アリゾナのスーパースティション・マウンテン・メンタルヘルスセンター臨床部長。個人開業もおこなっており、虐待、ドメスティックバイオレンス、予防プログラムに取り組んでいる。特に子どもたちのための虐待予防について、さまざまな組織で精力的に活動している

中野善行[ナカノヨシユキ]
昭和59(1984)年、岡山大学医学部卒業。同年、岡山大学医学部神経精神医学教室入局。笠岡病院、国立岩国病院、岡山大学医学部附属病院精神科神経科を経て平成10(1998)年なかのクリニック開院

虫明修[ムシアケオサム]
平成5(1993)年、岡山大学教育学部卒業。平成9(1997)年、東京学芸大学大学院教育学研究科修了。岡山県総合社会福祉センター、磯ヶ谷病院を経て現在、なかのクリニック臨床心理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。