精神療法家のひとりごと

個数:
  • ポイントキャンペーン

精神療法家のひとりごと

  • 成田 善弘【著】
  • 価格 ¥3,024(本体¥2,800)
  • 金剛出版(2019/04発売)
  • ゴールデンウィークポイント3倍キャンペーン
  • ポイント 84pt
  • ウェブストアに19冊在庫がございます。(2019年04月26日 13時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784772416917
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

「精神療法」連載のエッセイ、待望の単行本化。著者が日々臨床について思っていることや、ひとりごとでつぶやいていることをまとめた一冊。「師弟」「人間観」「自己開示」「孤独」「人生の終末」…などのキーワードに焦点をあてて言葉たちが溢れる。連載分に未掲載の「傾聴とはどういうことか―「坊っちゃん」(漱石)の語りを聴く」という講演録を付け加えた。精神療法家のみならず、「人として」心に留めておきたい文章がたくさん詰まっている。

目次

「本を読む」ということ
精神療法家を志す動機について
「先生」と呼ばれて
師弟について
スーパービジョンについて
患者観、人間観について
治療者の自己開示について
治療者が病気になるとき
書くことをめぐって
「わかる」とはどういうことか
終結について
ひとりごと
傾聴するとはどういうことか―「坊ちゃん」(漱石)の語りを聴く

著者等紹介

成田善弘[ナリタヨシヒロ]
成田心理療法研究室。1966年名古屋大学医学部卒業、愛知県立城山病院医員、名古屋大学医学部精神医学教室助手、社会保険中京病院精神科部長を経て、1994年椙山女学園大学人間関係学部教授、2002年桜クリニック嘱託(2011年まで)、2003年大阪市立大学大学院生活科学研究科教授(2010年まで)、2011年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。