自尊心を育てるワークブック―あなたを助けるための簡潔で効果的なプログラム (第2版)

個数:

自尊心を育てるワークブック―あなたを助けるための簡潔で効果的なプログラム (第2版)

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年03月20日 20時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 240p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784772416757
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

「自尊心(自尊感情)」は、ストレスや疾患の症状を緩和するばかりでなく、人が成長するための本質的な基盤となるものである。本書は、健全で現実的な、かつ全般的に安定した「自尊心」を確立できるよう、確固たる原理に基づいた段階的手順を紹介した最良の自習書となっている。今回大幅な改訂により新たに六つの章が加えられ、内容の充実がはかられた。近年の脳科学研究の成果を踏まえ、脳の可塑性―睡眠、運動、栄養が脳機能と精神的健康に与える大きな影響に論及。さらに近年注目を集める効果的概念“セルフコンパッションレ自己への思いやり”ストレスと加齢、無条件の愛、マインドフルネスの気づき、意識の練習についても詳述されている。

目次

1 自尊心を理解する(なぜ、自尊心が大事なのか?;自尊心を育むための準備:身体面における準備;自尊心はどのように育まれるか)
2 自尊心のスキル(第一の要素 「無条件の人間の価値」の真実性;第二の要素 無条件の愛を感じる;第三の要素 愛の行動的な側面:成長すること)

著者等紹介

高山巖[タカヤマイワオ]
医学博士。臨床心理士。略歴:鹿児島大学卒業後、鹿児島大学助手(医学部)、宮崎大学名誉教授、吉備国際大学名誉教授

柳沢圭子[ヤナギサワケイコ]
翻訳業。上智大学外国語学部英語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「自尊心(自尊感情)」は,ストレスや疾患の症状を緩和するばかりでなく,人が成長するための本質的な基盤となるものである。本書は,健全で現実的な,かつ全般的に安定した「自尊心」を確立できるよう,確固たる原理に基づいた段階的手順を紹介した最良の自習書となっている。
 今回大幅な改訂により新たに六つの章が加えられ,内容の充実がはかられた。近年の脳科学研究の成果を踏まえ,脳の可塑性――睡眠,運動,栄養が脳機能と精神的健康に与える大きな影響に論及。さらに近年注目を集める効果的概念〈セルフコンパッション;自己への思いやり〉ストレスと加齢,無条件の愛,マインドフルネスの気づき,意識の練習についても詳述されている。

第二版のはしがき
序 論

? 自尊心を理解する
第1章 なぜ,自尊心が大事なのか?
第2章 自尊心を育むための準備:身体面における準備
第3章 自尊心はどのように育まれるか

? 自尊心のスキル

第一の要素 「無条件の人間の価値」の真実性
第4章 人間の価値についての基礎知識
第5章 自己破壊的な思考を認識し,置き換える
第6章 現実を認識する:「それでもなお!」
第7章 自分の中核的な価値を認める
第8章 中核を肯定する思考習慣を身につける
第9章 無条件の人間の価値についてのまとめ

第二の要素 無条件の愛を感じる
第10章 無条件の愛の基礎知識
第11章 中核自己を見つけ,愛し,癒す
第12章 愛のある言葉
第13章 他者からの好意的な意見
第14章 よい特性を認識し,受け入れる
第15章 体への好意を養う
第16章 体への好意をさらに強める
第17章 自分への愛と好意を肯定する
第18章 愛の眼差しの瞑想
第19章 鏡に映った顔を好きになる
第20章 愛に満ちた目で自分を見る
第21章 心臓レベルで愛を感じる
第22章 セルフ・コンパッション(自己への思いやり)とマインドフルな意識
第23章 セルフ・コンパッションをもって苦痛に対処する
第24章 セルフ・コンパッションを身体レベルで感じる
第25章 コンパッションに満ちたジャーナリング
第26章 無条件の愛についてのまとめ

第三の要素 愛の行動的な側面:成長すること
第27章 成長の基礎知識
第28章 自分が完璧ではないことを受け入れる
第29章 ちょっとした遊び(可能性に思いを巡らせる)
第30章 自分の性格の棚卸しをする
第31章 許しを実践する
第32章 健全な楽しみを味わう
第33章 つまずきに備える
第34章 成長についてのまとめ

エピローグ 全体を振り返って
謝 辞

付 録
付録1 苦しむ人に対する援助のガイドライン
付録2 自己を許す
付録3 愛をもって過去を癒す

グレン・R・シラルディ[グレンアールシラルディ]
著・文・その他

高山 巖[タカヤマイワオ]
監修/翻訳

柳沢 圭子[ヤナギサワケイコ]
翻訳