パフォーマンスがわかる12の理論―「クリエイティヴに生きるための心理学」入門!

個数:

パフォーマンスがわかる12の理論―「クリエイティヴに生きるための心理学」入門!

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年08月18日 23時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 400p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784772415484
  • NDC分類 140
  • Cコード C3011

内容説明

「コストパフォーマンス」や「最高のパフォーマンス」など、勉強でもビジネスでもスポーツでもさまざまな使われ方をするこの言葉…「パフォーマンス」とはいったいなんだろう?人が生きるうえで欠かせない思考や行動や感情、それらを駆使して生まれる作品や成果、「創造と達成」として束ねられるパフォーマンスという正体不明の現象を、12の心理学セオリーで徹底解剖!

目次

成らぬは人の為さぬなりけり―モティベーション
思考のパフォーマンスを高める―思考×メタ認知
「両刃の剣」の使いよう―感情
練習でのパフォーマンスに満足してしまうなかれ―記憶と運動の学習理論
最高のパフォーマンスを発揮するために―自己認知/意識
よりよく学ぶためのヒント―自己調整学習
意識と無意識のパフォーマンス―潜在意識
ストレスとのつきあいかた―ストレスマネジメント
行動からパフォーマンスを考える―行動分析学
パフォーマンスの生態学―アフォーダンス/生態学的アプローチ
集団の愚かさと賢さ―コミュニケーション/協同
リーダーシップをどのように発揮すればよいのか―リーダーシップ

著者紹介

鹿毛雅治[カゲマサハル]
慶應義塾大学教職課程センター教授。同大学院社会学研究科委員(教育学専攻)。1986年横浜国立大学教育学部心理学専攻卒業、1991年慶應義塾大学社会学研究科博士課程(教育学専攻)単位取得退学、1995年博士(教育学)取得。1992年慶應義塾大学教職課程センター助手、1997年同助教授等を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「コストパフォーマンス」や「最高のパフォーマンス」など、さまざまに使われている「パフォーマンス」を12の心理学セオリーで徹底解剖! 好評既刊『モティベーションをまなぶ12の理論』の続篇!


鹿毛 雅治[カゲ マサハル]