30分でできる不安のセルフコントロール

個数:

30分でできる不安のセルフコントロール

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月25日 10時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 114p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784772415460
  • NDC分類 141.6
  • Cコード C3011

出版社内容情報

不安で落ち着かない、不安で夜も眠れない、不安が頭から離れない……不安という感情は私たち人間の悩みの種でもある。不安は雪だるま式に膨れ上がりやすいもので、強すぎる不安は私たちの生活に悪影響を及ぼしかねない。しかし、不安はなぜ生じるのか? 不安を必要以上に大きくさせているのは、実は自分自身かもしれない。
取り組む時間は1日わずか30分。不安のメカニズムを知り、その取り扱い方を学ぶことで、不安に負けない日常を手に入れよう。


マシュー・マッケイ[マシューマッケイ]

トロイ・デュフレーヌ[トロイデュフレーヌ]

堀越 勝[ホリコシ マサル]

樫村 正美[カシムラ マサミ]

内容説明

取り組む時間は1日わずか30分。不安のメカニズムを知り、その扱い方を学ぶ、不安の取り扱い方のコツ。

目次

1 最初に知っておくこと(不安とは何か?;不安とはどんなものか? ほか)
2 認知行動療法(リラクセーション法;心配のためのリスクアセスメント ほか)
3 不安と上手に付き合うために(マインドフルであること;受容の練習 ほか)
4 基本的な健康習慣(よい睡眠について;不眠とその解決法 ほか)

著者等紹介

マッケイ,マシュー[マッケイ,マシュー] [McKay,Matthew]
カリフォルニア州バークレーにあるライト研究所、教授。個人開業。不安、怒り、抑うつの認知行動的治療を専門としている

デュフレーヌ,トロイ[デュフレーヌ,トロイ] [DuFrene,Troy]
サンフランシスコの湾岸地帯に住居と職場を持つライター

堀越勝[ホリコシマサル]
1995年米バイオラ大学大学院、博士(心理学)。1997年米ハーバード大学医学部精神科上席研究員。2002年筑波大学大学院人間総合科学研究科専任講師。2008年駿河台大学大学院心理学研究科教授。2010年国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター研修指導部長。2015年国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センターセンター長

樫村正美[カシムラマサミ]
2008年筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程単位取得退学。筑波大学人間系助教。2010年博士(心理学)。2012年筑波大学医学医療系助教。2013年日本医科大学医療心理学教室講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

上(うえ)

15
えらく断片的に書かれているなあという印象ではありますが、各項目ごとにエクササイズがついていてそこはわかりやすかったです。 一番の肝は「心配する時間をつくること」だと思いました。 一日に30分ほど、自分の心配事に注意を向ける時間を設ける(心配タイム)といった方法が推奨されています。 ポイントは「不安な気持ちに自分をさらす(抵抗しないこと)」と「心配タイム以外の時間に心配事が浮かんで来たら、次の心配タイムまで保留すること」。 不安が一日中頭から離れない!というほどの心配事があるときには、かなり良さそうです。2018/10/30

芽依*

15
パニック障害を起こした時には、どんな知識があっても備えがあっても、脳がもう誤作動してるからどうしようもない。行動療法や認知療法を繰り返しても変わらない。全否定はしないけど、これをやれば大丈夫なら患者はいない。2018/02/26

riviere(りびえーる)

8
『30分でできる怒りのセルフコントロール』と同様、薄くて手に取りやすく読みやすい一冊。不安のメカニズム、対処法、不安を軽減させる日常の健康法までを認知行動療法を核にして一般向けに説明している。一般向けだが専門性は高い本。それにしても怒りや不安というものは生物として生き延びるためDNAに仕組まれた野生であり、文明世界に生きる私たちはそれをコントロールするためにこうして苦労してるんだなと改めて思う。2017/08/12

emuuwaii

7
不安に対して自分でできることについて、認知行動療法、アクセプタンス&コミットメントセラピー、弁証法的行動療法などのエッセンスをまとめた本。リラクセーション法、呼吸の練習、マインドフルネスなど盛り沢山。30分でするのは難しいですが、どの項目も実にコンパクトにまとめられていて参考になります。2017/07/02

おきらく

4
人間って感情的な生き物なんだなと思いました。 その感情を排除するのではなく、コントロールすることが大切だと学びました。 実践しやすいように、細かくまとめられています。2020/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11548662

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。