心理援助職の成長過程―ためらいの成熟論

個数:

心理援助職の成長過程―ためらいの成熟論

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784772415378
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

自分は何を学んできたのか?そして何を学べていないのか?そもそも心理援助職の初学者に求められる学びとはどのようなものか?初学者だったすべての心理職が一度はみずからに投じた疑問から出発、「ポジションの移行」「主体的トライアル・アンド・エラー」「実践知の獲得」「協働・関係構築の技法」という成長過程の法則を発見しながら、ひとりの専門家が誕生するまでの軌跡を探究していく。未だ答えなき謎に挑む臨床フィールドワークの果てにたどりついたものとは―?

目次

序論 ためらいの成熟論
第1部 研究を始める(臨床心理学を定義する―研究の予備考察;心理援助職の技能的発達を考える―研究の比較考察)
第2部 事例から考える(成長過程の第1ステージ―大学生ボランティア経験と「ポジションの移行」;成長過程の第2ステージ―大学院教育・訓練と「主体的トライアル・アンド・エラー」;成長過程の第3ステージ―臨床実務経験と「実践知の獲得」;成長過程の第4ステージ―スクールカウンセリングと「協働・関係構築の技法」)
結論 心理援助職における「成長の最近接領域」

著者紹介

割澤靖子[ワリサワヤスコ]
1982年愛媛県生まれ。お茶の水女子大学生活科学部卒業、東京大学大学院教育学研究科修士課程修了、東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)・臨床心理士・家族心理士。埼玉大学非常勤講師、創価大学心理教育相談室非常勤相談員などを経て、現在、株式会社商船三井に企業内カウンセラーとして従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

自分は何を学んできたのか? そして何を学べていないのか? そもそも心理援助職の初学者に求められる学びとはどのようなものか?

臨床心理学の定義と心理援助職の熟達研究の比較考察を経て,成長過程の4つのステージ(大学生ボランティア経験と「ポジションの移行」,大学院教育訓練と「主体的トライ・アンド・エラー」,臨床実務経験と「実践知の獲得」,スクールカウンセリングと「協働・関係構築の技法」)を巡って,国内外の文献を丁寧にレビューしつつ,さらに実際の臨床フィールドに立脚しながら詳細に考察を展開していく。
かつて初学者だったすべての心理職が一度はみずからに投じた疑問から出発して,「ポジションの移行」「主体的トライ・アンド・エラー」「実践知の獲得」「協働・関係構築の技法」という成長過程の4段階法則を発見しながら,ひとりの専門家が世に誕生するまでの軌跡を探究していく。未だ答えなき謎に挑む臨床フィールドワークの果てにたどりついたものとは――?

幾多の試練を越え,豊かな経験を重ね,かつての初学者がひとりの専門家へと生まれ変わる軌跡(プロセス)と法則(ルール)を探究した,心理援助職の根源的な謎に挑む臨床フィールドワーク。村瀬嘉代子・下山晴彦推薦!


割澤 靖子[ワリサワ ヤスコ]