これからのスポーツの話をしよう―スポーツ哲学のニューフロンティア

個数:
電子版価格
¥1,980
  • 電書あり

これからのスポーツの話をしよう―スポーツ哲学のニューフロンティア

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月19日 01時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 116p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784771036529
  • NDC分類 780.1
  • Cコード C0036

出版社内容情報

オリンピック招致問題、部活絶対主義、スポーツへの逃避、無気力試合……
スポーツにかかわる問題の解決に求められている姿勢とは?スポーツに関して、自分の意見に会わない人や新しい情報に接し、自分とは違う考えを取り入れることが、スポーツを理解する素晴らしいヒントになる。複雑な真実から目をそらさず、学びを止めない姿勢が、今、求められている。

内容説明

スポーツにかかわる問題の解決に求められている姿勢とは?スポーツに関して、自分の意見に会わない人や新しい情報に接し、自分とは違う考えを取り入れることが、スポーツを理解する素晴らしいヒントになる。複雑な真実から目をそらさず、学びを止めない姿勢が、今、求められている。

目次

第1部 社会とのかかわりで見るスポーツ哲学―スポーツにおける認識と実情のねじれ現象(スポーツと「ファクトフルネス」;オリンピックの不都合なファクト;部活動の退部とスポーツへの逃避;スポーツへの逃走と退屈の飼い慣らし)
第2部 場面で見るスポーツ哲学―倫理的トピックのとらえ方(敗北を目指すジレンマ;得点差を最大化するジレンマ;報復死球というジレンマ;プレイオフ制度に伴うジレンマ)

著者等紹介

大峰光博[オオミネミツハル]
1981年生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科博士後期課程修了。現在、名桜大学人間健康学部スポーツ健康学科上級准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。