ジョン・ロックの権利論―生存権とその射程

個数:

ジョン・ロックの権利論―生存権とその射程

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年06月04日 14時38分現在)
    通常、10日程度で出荷されます。
    ※出荷が遅れたり、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、10日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784771032248
  • NDC分類 311.233
  • Cコード C3010

内容説明

ロック政治哲学のうち、特に権利論を主題として考察。所有権を中心とした従来のロック権利論解釈とは一線を画して、自然権としての生存権に光を当てる。そこには、生命を尊重し、人間の自然的欲求を承認するという、ロック政治哲学の原理的主張が見出される。

目次

序章
第1章 生存権の概念とロックの権利論(自然法における生命保全の義務;生存権とその基礎;生存権概念の特徴)
第2章 生存権と所有権(労働所有権論の基礎;労働所有権論の展開;所有権論に内在する生存権への配慮;政治社会における所有権)
第3章 子どもの生存権と相続権(相続権擁護論;相続権擁護論の意義と評価)
第4章 困窮者の生存権と慈愛への権利(テクストにみる慈愛への権利;コンテクストにみる慈愛への権利;政治社会における困窮者の生存権)
第5章 生存権の再検討(ロック権利論への批判的考察;生存権の直接的保障への展望)
終章

著者等紹介

渡邊裕一[ワタナベユウイチ]
1985年千葉県出身。学習院大学大学院人文科学研究科哲学専攻単位修得退学ののち博士(哲学)取得。現在、学習院大学計算機センター・コンピュータシステム支援組織助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。