神戸学院大学経済学研究叢書<br> 物流発展と生産性―戦後日本トラック輸送の発展から

個数:

神戸学院大学経済学研究叢書
物流発展と生産性―戦後日本トラック輸送の発展から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月27日 08時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 250p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784771031678
  • NDC分類 685.6
  • Cコード C3033

目次

第1章 鉄道とトラックの関係(鉄道がもたらした輸送革命;トラック輸送の発達 ほか)
第2章 鉄道輸送システムのなかの小運送問題(ニュービジネスとしての小運送;小運送問題の発生 ほか)
第3章 戦後における道路整備の進展とトラック輸送(日本の道路整備の遅れ―米国へのキャッチアップ;道路整備の進展と円滑な道路交通の実現―峠道と都市道路 ほか)
第4章 鉄道からトラックへの転換(鉄道と道路の整備計画と実際;戦後における国鉄貨物輸送の問題 ほか)
第5章 トラック運輸業における企業者活動(路線トラック事業の発展;路線トラック事業における企業者活動―西濃運輸の事例)

著者等紹介

関谷次博[セキヤツギヒロ]
1973年岐阜県生まれ。2004年大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、博士(経済学)。現在、神戸学院大学経済学部教授。主要業績「利害関係構造から見た地方鉄道の維持・存続―戦前期の北恵那鉄道」(『鉄道史学』第27号、2010年)2011年第2回鉄道史学会住田奨励賞(学術論文の部)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。