哲学書概説シリーズ<br> ハイデガー『存在と時間』

個数:

哲学書概説シリーズ
ハイデガー『存在と時間』

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 21時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 128,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784771022966
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C3310

目次

第1章 『存在と時間』まで
第2章 “存在と時間”という問題設定
第3章 現存在について問い、存在すること一般について問う
第4章 現存在の実存論的構造
第5章 本来的実存と脱自的時間性
第6章 歴史性と共同運命
第7章 「時間と存在」
第8章 ナチズム参与という決断
第9章 『存在と時間』をみずから解釈する

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

putisiyante

1
哲学書というと難しい言葉の羅列を想像するが、"みんなという自己""存在=生死"など分かり易かった。しかし、ハイデガーは何故存在と時間に囚われたかは分かったが、結論には至らなかったようだ。歴史的にも、存在と時間に囚われる状態だったのではないのかと勝手に想像もしてみた。2018/01/05

Chie Azuma

0
ハイデガーの時間や存在に対する考え方が、ハイデガーの人生に合わせて刻々と変化して行く様がよく分かるように書かれていた。ハイデガーは造語を多用しており、それを更に和訳して解説している。そのためハイデガーの主張と筆者の解説と筆者の主張の区別がつかなくなる事がよくあった。全体的に難しく読むのに時間がかかる。しばらくしたらもう一度読み直したい。2017/10/05

さぼ

0
② "存在するという単語の他動詞性があるのは人間だけである"っていうレヴィナスの話2016/01/04

Chie Azuma

0
再読したものの、やっぱり根本的には理解できなかった。ハイデガーさんは生涯、既成の概念に引きずられないように気をつけていました。先人の考えを紐解く時も、自分が提唱した概念を振り返る時も、分け隔てなく解体してきました。容赦なく自分の過去の概念も見直していくストイックさを、ほどほどに見習いたいです。 今度は、著者の意見ももっと混ざってて良いから、とにかく理解できそうな本で勉強してからにしよう…2019/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4506854

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。