燃えるジンバブウェ―南部アフリカにおける「コロニアル」・「ポストコロニアル」経験

個数:

燃えるジンバブウェ―南部アフリカにおける「コロニアル」・「ポストコロニアル」経験

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784771019997
  • NDC分類 302.483
  • Cコード C3036

目次

第1章 燃えるジンバブウェ―反英農地改革と「第二の民主化」を考える
第2章 アフリカ資本主義への一つの道―新興アフリカ人大農民についての試論
第3章 九五年総選挙―繰り返された与党対政治離れ層の構図
第4章 九四年のジンバブウェ―見えてきた社会変化の動態
第5章 小農の躍進とアフリカ人農村の変化
第6章 独立十年と「小農の奇跡」について思うこと

著者等紹介

吉國恒雄[ヨシクニツネオ]
1947年生まれ。1967年、京都大学医学部入学、のち中退。1981年、サンフランシスコ州立大学文学部史学科B.A.課程修了。1991年、ジンバブウェ大学大学院史学研究科D.Phil.課程修了。ジンバブウェ大学経済史学部講師を経て、1996年から専修大学商学部教員。2006年、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。