ワインの香り―日本のワインアロマホイール&アロマカードで分かる!

個数:

ワインの香り―日本のワインアロマホイール&アロマカードで分かる!

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月23日 21時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784770900739
  • NDC分類 588.55
  • Cコード C2077

内容説明

ワインから、花や果物の香りを探せるのはなぜ?どうしたら嗅ぎ分けられるの?という疑問を徹底解説。香りを知り、実感することでわかるワインの楽しみ方。組み合わせて嗅ぐと香りが変わる!不思議な特製アロマカード付き。

目次

第1章 ワインはなぜ香る?
第2章 ワインの香りができるまで
第3章 香りの言葉を覚えよう(日本のワインアロマホイールとは?;日本のワインアロマホイール図解;写真で見る香りの言葉;日本の主要9品種の香りを覚えよう;「オフフレーバー」とは何だろう?)
第4章 ワインの香りを見つけよう(テイスティングシートを使って香りを見つけよう;日本のワインアロマホイール付きテイスティングシート;いろいろなワインから香りを見つけよう;ワインの香りとの付き合い方)
第5章 ワインの香りから推理しよう

著者紹介

東原和成[トウハラカズシゲ]
東京大学大学院農学生命科学研究科教授。兼ERATO東原化学感覚シグナルプロジェクト研究総括。香りやフェロモンを感じ取るメカニズムを研究。文部科学大臣表彰若手科学者賞、日本学士院学術奨励賞、読売テクノ・フォーラムゴールド・メダル、RH Wright Award(国際ライト賞)などを受賞

佐々木佳津子[ササキカズコ]
フランス国家認定醸造士。兵庫県神戸市の「神戸ワイナリー」の醸造担当を経て、2012年秋に北海道函館市で「農楽蔵(のらくら)」を設立

渡辺直樹[ワタナベナオキ]
フランス国家認定醸造士。1988年、サントリーに入社。1989年よりサントリー「登美の丘ワイナリー」にて栽培・醸造技術開発を担当。2014年よりワイナリー長

鹿取みゆき[カトリミユキ]
フード&ワインジャーナリスト。信州大学特任教授。総説論文「日本におけるワインテイスティングについて」が「日本味と匂学会誌Article of the Year 2009賞」を受賞

大越基裕[オオコシモトヒロ]
ワインテイスター/ワインディレクター、国際ソムリエ協会認定インターナショナルA.S.Iソムリエ・ディプロマ。2001年、銀座レカンのソムリエとなる。2009年に同店のシェフソムリエに就任。2013年6月に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)