においと味わいの不思議―「知ればもっとワインがおいしくなる」

個数:

においと味わいの不思議―「知ればもっとワインがおいしくなる」

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年03月29日 12時45分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 339p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784770900616
  • NDC分類 588.55

内容説明

ワインテイスティングの視点が変わる!科学者、醸造家、ワインジャーナリストが語る、目からうろこのにおいと味わいの世界。おいしさの秘密がわかる!分かりやすい図表55点、もっと知りたいQ&A、コラムも掲載!

目次

第1章 においとは何か?「科学のメスは、においの神秘にせまれるか?」(「臭覚」ではなく「嗅覚」;においとは、何か? ほか)
第2章 においの正体とは?「ワインの香りはどこから来る?」(ワインの中の香りはどこで作られるか?;香るブドウ、香らないブドウ ほか)
第3章 おいしさとは何か?「おいしさは数式で表せるか?」(おいしさとは何か?;おいしさは人の頭の中にある ほか)
第4章 言葉で表現するためには?「ワインのテイスティングとは?」(日本のワインテイスティング事情;ワインの消費量とワイン雑誌の創刊 ほか)
付録 日本のアロマホイールを作る試み―鹿取みゆき(原稿)×佐々木佳津子(アロマホイール構成)

著者紹介

東原和成[トウハラカズシゲ]
東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻生物化学研究室教授。香りやフェロモンを感じ取るメカニズムを研究。平成18年度文部科学大臣表彰若手科学者賞、第14回(2008)読売新聞社読売テクノ・フォーラムゴールド・メダル受賞など

佐々木佳津子[ササキカズコ]
フランス国家認定醸造士。兵庫県神戸市の財団法人神戸みのりの公社「神戸ワイナリー」の醸造担当を経て、2012年秋に北海道函館市でワイナリー「農楽蔵」を設立

伏木亨[フシキトオル]
京都大学大学院農学研究科食品生物科学専攻教授。おいしさ、うま味などの味わいやそれらを感知するメカニズムを研究。日本香辛料研究会会長、日本栄養・食糧学会理事。平成20年度第13回安藤百福賞受賞

鹿取みゆき[カトリミユキ]
フード&ワインジャーナリスト。総説論文「日本におけるワインテイスティングについて」が日本味と匂学会誌Article of the Year 2009賞を受賞。東京大学空間情報科学研究センター協力研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)