1類・2類・3類消防設備士試験

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 284p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784770316936
  • Cコード C2050

内容説明

消防設備士には、甲種(第1類~第5類)、乙種(第1類~第7類)があるが、本書ではこれらのうち、第1類(屋内消火栓設備・屋外消火栓設備・スプリンクラー設備・水噴霧消火設備)、第2類(泡消火設備)、第3類(不活性ガス消火設備・ハロゲン化物消火設備・粉末消火設備)などという消火設備の主軸になるものの消防設備士試験を受験する人たちの指導書として作成されたものである。

目次

受験案内(消防用設備とは;消防設備士にはどんな種類があるか;試験の種類と受験資格 ほか)
各試験科目の要点(機械の基礎知識;電気の基礎知識;第1類消火設備 ほか)
実施出題問題と解説・解答(機械・電気の基礎知識;消防用設備等の構造・機能および工事または整備の方法;消防関係法令)

著者等紹介

内山幸伸[ウチヤマユキノブ]
技術士。1939年生。九州大学工学部化学機械科卒業。元(株)クラレ、クラレエンジニアリング(株)にて化学プラントの計画設計、建設工事を担当。同社退社後技術士事務所開設。技術士登録、1986年経営工学部門―工場計画
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。