Kodansha English library<br> 赤ずきん

Kodansha English library
赤ずきん

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 61p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784770024312
  • NDC分類 943
  • Cコード C0197

内容説明

むかしむかし、かわいい女の子がいました。おばあちゃんが贈ってくれた、きれいな赤いずきんをいつもかぶっていて、「赤ずきんちゃん」と呼ばれていました。ある朝のこと、お母さんがいいました。「おばあちゃんが病気だから、おみまいにいってきて。道草をしないでね」赤ずきんちゃんはケーキとワインのはいったかごをもって、森のなかのおばあちゃんの家に向かいました。道ばたに咲いている美しい花を摘んでいると、ヌッと何かが現れました。それは大きなおおかみでした。…本書には『赤ずきん』のほか、『町のねずみといなかのねずみ』、そして「ひらけ、ゴマ!」の呪文で有名な『アリババと40人の盗賊』を収録しています。

著者等紹介

いもとようこ[イモトヨウコ]
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油絵科卒。絵本作家。1985年「ねこの絵本」(講談社)、1986年「そばのはなさいたひ」(佼成出版社)で、ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。1987年「うたの絵本」(講談社)で、同展グラフィック賞受賞。東京都在住

アットキン,ステュウット[アットキン,ステュウット][Atkin,Stuart A.]
英国のバーミンガム出身。オックスフォード大学卒業後、来日。作家、ナレーター、役者、演出家、また大学講師として活躍している。世界の民話や児童文学に造詣が深く、数多くの物語を翻案および朗読。世界の多様な文化や言語の中に類似した物語が存在することに多大の関心を抱く。古書、アンティークなカメラや絵葉書、切手、こけしの蒐集家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

23
グリム童話「赤ずきん」他四つの話を収めた短編集。大きくなってからこういう童話を読むのも新たな発見が生まれて面白い。2022/03/20

ゆけむり

0
原著は丹後が難しい・・・。ラダーシリーズだと読みやすかったかな。でも内容は誰もが知ってるものなのでなんとなく読める気がする。2010/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/203167
  • ご注意事項