高齢者ラベリングの社会学―老人差別の調査研究

個数:

高齢者ラベリングの社会学―老人差別の調査研究

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784769909071
  • NDC分類 367.7
  • Cコード C3036

内容説明

本書は、社会学の理論でいうと、相互作用論やラベリング論という文脈での研究作業である。ただ、資料の多くは、アンケート型の調査データを利用している。その点では、実証的な方法から得られたデータを使った、ラベリング差別論の視点からの老人化研究となっている。相互作用論と実証主義の双方を取り入れたかたちでラベリング差別論の研究をしている。

目次

老人問題論からエイジズムの研究へ
ラベリング差別論の展開
老人意識の地域比較と老人差別
ラベリングと老人呼称
若者の老人差別意識の分析
高齢者の老人意識と自己ラベリング
産業都市における高齢者の自己ラベリング
超高齢化社会における自己ラベリング
高齢者の老後観と老人処遇観
老人ラベリング差別論の可能性