富士見L文庫<br> 代官山あやかし画廊の婚約者―ゆびさき宿りの娘と顔の見えない旦那様

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

富士見L文庫
代官山あやかし画廊の婚約者―ゆびさき宿りの娘と顔の見えない旦那様

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月24日 17時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040751375
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「ようこそ、婚約者殿」そう言って恵茉を迎えたのは、狐面で顔を隠した青年だった――。
 祖父を亡くした恵茉は、言いつけに従い訪れた代官山の屋敷で、律と出会う。彼は婚約者であると同時に、祖父が菓子を納めていた店の主でもあるというのだが。
(菓子店ではなく、画廊を経営?)
 律の画廊には、怪奇現象を起こす絵の相談が寄せられる。それを解決する菓子作りの力が、祖父から恵茉へ継がれているようで……。
 心の傷と、秘密を抱え、絵に込められた思い出を解きほぐす、二人の恋愛ファンタジー。

内容説明

「ようこそ、婚約者殿」そう言って恵茉を迎えたのは、狐面で顔を隠した青年だった―。祖父を亡くした恵茉は、言いつけに従い訪れた代官山の屋敷で、律と出会う。彼は婚約者であると同時に、祖父が菓子を納めていた店の主でもあるというのだが。(菓子店ではなく、画廊を経営?)律の画廊には、怪奇現象を起こす絵の相談が寄せられる。それを解決する菓子作りの力が、祖父から恵茉へ継がれているようで…。心の傷と、秘密を抱え、絵に込められた思い出を解きほぐす、二人の恋愛ファンタジー。

著者等紹介

仲町鹿乃子[ナカマチカノコ]
2022年『わたしと隣の和菓子さま』(富士見L文庫/旧題『和菓子さま剣士さま』)にてデビュー。Webサイトや投稿サイトにて作品を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
祖父を亡くした恵茉は、言いつけに従い訪れた代官山の屋敷で出会った秋芳律。心を閉ざした少女を狐面で顔を隠した画商の旦那様が、一緒に絵に込められた思い出を解きほぐす恋愛ファンタジー。祖父が菓子を納めていた店の主・秋芳家。しかし律は菓子店ではなく画廊を経営していて、相談が寄せられる絵の怪奇現象を解決する、祖父から恵茉へ受け継がれたゆびさき宿りの力。最初は婚約者という困惑から始まった律との関係も、一緒に相談に関わるうちに少しずつ変わっていって、過去を乗り越えて強くなり律を意識してゆく恵茉がなかなか良かったですね。2023/12/04

ローリー

6
最後の身内である祖父を亡くした恵茉(えま)は、祖父の遺した言葉に従って代官山のお屋敷を訪れる。そこは画廊でありながら、助けを求めるあまり不可思議な現象を起こす「絵」に対してお菓子を供えて鎮めると言う、不思議な生業をしていた。そこへお菓子作りとして受け入れられた恵茉と若主人の律との恋物語。語り手が恵茉固定なので、分からないことも多く、律がしていることがそもそも初めての経験なので、読者としても読んでいてもどかしい。ただ、恵茉の純真さと律の真摯さは読んでいて心地よかった。続編ができそうなので期待したい。2023/10/10

ごま麦茶

6
妖力を宿し暴走してしまった絵画を、ただの絵に戻すため、縁あるお菓子を捧げてお祓いするお話。次はどんな絵が?お菓子が?と、最後まで楽しく読みました。結構気の強いキャラ(ベーカリーや和菓子屋の奥様…)も多かったけど、そういう人の言葉が大切なことに気づかせてくれたり。恵茉と秋芳家のひとたちのやりとりにはほっこりしました。シリーズ化するのかしら。してほしい!楽しみにしてます!2023/09/20

色素薄い系

4
お菓子と絵、という題材が珍しい作品でした。が、美可子は小学生の頃からの恨みを長く持ちすぎだし、ちとせの店主も恵茉の態度が良くなかったのも悪かったと思うけど初対面の人間に当たりが強すぎる。後から息子は喋れないから表情を見て人とコミュニケーション取ってるとか言ってたけど、そんなの初対面じゃ知らんがな。2023/12/24

宵ノ月斗夢

2
祖父の死をきっかけに東京・代官山にある大きな和菓子屋 に住む事になった主人公。 その和菓子屋は、一般の和菓子屋ではなく、絵画に菓子を 供える為だけの和菓子屋だった。 主人公と旦那様のやり取りや登場人物とのやり取りが ゆったりとした流れの中にも心に響く心優しくなれる 作品です。2023/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21484076
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。