光人社NF文庫<br> 新前軍医のビルマ俘虜記―狼兵団地獄の収容所奮闘録

個数:

光人社NF文庫
新前軍医のビルマ俘虜記―狼兵団地獄の収容所奮闘録

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月22日 20時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 417p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769830726
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

文字の書けない英国兵、殴る豪州兵!医者の立場で綴る捕虜の悲哀のエピソード。独立の気運高まるビルマの民衆と戦勝国に見せた日本人の勤勉さと個々の能力の高さ。

目次

第1章 軍医の魂
第2章 囚われの身
第3章 炎熱の弾痕
第4章 冷厳なる運命
第5章 燃える陽炎
第6章 労役の日々
第7章 独立の嵐
第8章 南溟の山河
第9章 暗黒の廃墟
第10章 帰国のとき

著者等紹介

三島四郎[ミシマシロウ]
大正9年、広島に生まれる。旧姓、田辺。昭和18年、岡山医科大学卒業、同大専門部副手。同年12月、岡山市立市民病院勤務。翌19年6月、応召、見習士官を命じられてビルマに赴く。20年8月、ビルマで終戦、軍医少尉。22年9月、復員。岡山市立市民病院に復帰。25年、岡山大学医学部専攻生となる。広島県立安芸津病院外科部長、玉野市立玉野病院医務課長を歴任。37年1月、国立鳥取療養所所長に任じられ、58年4月まで勤務。辞職後、名誉所長の称号を授与。昭和58年10月から平成7年3月まで、日立造船所因島診療所で産業医として勤務。日本外科学会認定医。医学博士。平成14年5月歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。