光人社NF文庫<br> 台湾沖航空戦―T攻撃部隊 陸海軍雷撃隊の死闘

個数:

光人社NF文庫
台湾沖航空戦―T攻撃部隊 陸海軍雷撃隊の死闘

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月24日 12時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 400p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769830184
  • NDC分類 391.28
  • Cコード C0195

内容説明

一九四四年十月―台湾東方に来襲した米機動部隊と日本軍航空部隊の五日間にわたる死闘。米機動部隊撃滅の切り札として出撃した「T攻撃部隊」の海軍中攻隊と陸海軍の搭乗員が混乗する史上初の陸軍雷撃隊の知られざる戦いの記録。洋上に消えた精鋭雷撃隊の想像を絶する激闘の実相を再現するノンフィクション。

目次

序章 寒い夏の出会い
第1章 陸軍雷撃隊の誕生
第2章 雷撃訓練の開始
第3章 六七雷撃機
第4章 T攻撃部隊
第5章 台湾沖航空戦
第6章 T攻撃部隊出撃せよ―十月十二日の戦い
第7章 長井雷撃隊帰投せず―十月十三日の戦い
第8章 颯雷撃隊―十月十四日の戦い
第9章 戦いのあとに―十月十五日以後の戦い
終章 六十年目の秋に

著者等紹介

神野正美[ジンノマサミ]
戦後生まれのエンジニア。永年にわたって集めた日本軍関係者の証言・史料と、海外から得た膨大なデータをもとに、戦史の研究に取り組んでいる。戦史・兵器技術等に関する論考を各種雑誌に発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。