光人社NF文庫<br> 軍艦と装甲―主力艦の戦いに見る装甲の本質とは

個数:

光人社NF文庫
軍艦と装甲―主力艦の戦いに見る装甲の本質とは

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月22日 16時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 252p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769829751
  • NDC分類 556.9
  • Cコード C0195

内容説明

砲弾は大きい方が望ましい。だが大きな砲弾には大きな砲が必要であり、それが一発必中ではなく数の力に頼るのでは、たとえ三連装砲塔にしても、三つも四つも載せなければ用兵者の要求は満たせないだろう。その重量は直接に必要とされる防御装甲もふくめて非常に大きなものになり、船体をいっそう大きくさせる。

目次

序章 装甲の定義
第1章 黎明期
第2章 錬鉄の時代
第3章 鋼鉄・複合甲鉄の時代
第4章 表面硬化鋼の時代
第5章 ド級戦艦の時代
第6章 ジュットランド海戦
第7章 戦艦時代の終焉

著者等紹介

新見志郎[ニイミシロウ]
1953年東京生まれ、成蹊大学中退。若年の頃から船舶に興味を持ち、特に19世紀後半の黎明期蒸気船を中心に調査、研究を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。