光人社NF文庫<br> 軍艦「矢矧」海戦記―建築家・池田武邦の太平洋戦争

個数:

光人社NF文庫
軍艦「矢矧」海戦記―建築家・池田武邦の太平洋戦争

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月28日 06時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 520p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769829638
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0195

内容説明

昭和十八年九月、海軍兵学校卒業と同時に竣工直前の最新鋭軽巡「矢矧」に乗艦、太平洋戦争後半の三大海戦に参加し連合艦隊の最期を目撃した池田武邦。戦後、霞が関ビルなどの超高層ビルやハウステンボスの設計に活躍した半生を振り返り、「矢矧」沈没後の人生は余生―という建築家が封印を解いて語った戦争の記憶。

目次

第1章 江田島精神(いごっそうの血;父、池田武義 ほか)
第2章 マリアナ沖海戦(極秘扱いの艦;吉村艦長 ほか)
第3章 レイテ沖海戦(史上最大の海戦;決戦前の百日訓練 ほか)
第4章 沖縄海上特攻(満身創痍;「金剛」の最期 ほか)
終章 魂は死なず(廃墟の東京;特攻隊教官 ほか)

著者等紹介

井川聡[イカワサトシ]
1959年生まれ。1983年、西南学院大卒業後、新聞社に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。