光人社NF文庫<br> 海軍敗レタリ―大艦巨砲主義から先に進めない日本海軍の思考法

個数:

光人社NF文庫
海軍敗レタリ―大艦巨砲主義から先に進めない日本海軍の思考法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月17日 20時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 282p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769829010
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0195

内容説明

世界初の機動部隊を作りながら戦艦と大口径砲の呪縛から解き放たれなかった海軍の宿命。無敵連合艦隊の幻想、現実無視の独善主義、首脳部の無定見―敗れるべくして敗れた海軍の実現。

目次

第1章 日米開戦(世界最初の機動部隊;山本五十六の大バクチ;動き出した計画 ほか)
第2章 真珠湾攻撃と南雲機動部隊(サイは投げられた;機動部隊発進;奇襲成功 ほか)
第3章 戦線の膨張(タスク・フォース;ジャワ島の攻防;スラバヤ沖海戦 ほか)
第4章 運命の二海戦(空母「祥鳳」の沈没;相打つ機動部隊―サンゴ海海戦;ミッドウェー作戦発動 ほか)
第5章 ガ島をめぐる消耗戦(第一次ソロモン海戦;甘すぎた見通し;第二次ソロモン海戦 ほか)

著者等紹介

越智春海[オチハルミ]
大正7年、愛媛県に生まれ、広島市に育つ。修道中学卒業後、昭和14年、歩兵第11連隊(広島)入隊、同15年、出征。仏領インドシナ作戦、マレー攻略戦に参加。その後南方各地を転戦、シンガポールで終戦を迎える。元陸軍大尉。平成24年1月歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。