光人社NF文庫<br> ニューギニア航空戦記―ある整備兵の記録

個数:

光人社NF文庫
ニューギニア航空戦記―ある整備兵の記録

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月18日 02時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 276p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769828365
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

P38は高空から偵察、B25は低空で乱射を加え、B17、B24は爆弾を投下する。炎天下、防暑帽、半ズボンに地下足袋、上半身裸で円匙、十字鍬を手に、弾よけの鉄帽を背に負い、滑走路の弾痕修理、誘導路や掩体の整備にあたった基地隊員の苦闘を描く―飛行場勤務に従事した第二十二飛行場大隊の知られざる記録。

目次

プロローグ 飛行機の墓場
第1章 最前線への征途
第2章 ラエ飛行場の落日
第3章 日米航空戦の史劇
第4章 地獄からの脱出行
第5章 遙かなる遠い道
エピローグ 運命の分岐点

著者等紹介

高橋秀治[タカハシヒデジ]
大正9年12月、島根県松江市に生まれる。昭和17年6月17日、現役兵として中部第96部隊に入営。昭和20年7月15日、主計軍曹。9月14日、武装解除、カランバン地区収容所に入所。昭和21年10月15日、マニラ港出港、帰国。20日、復員証明を受け除隊。平成19年1月28日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。