フェミニズム的転回叢書<br> 女性の権利を擁護する―メアリ・ウルストンクラフトの挑戦

個数:

フェミニズム的転回叢書
女性の権利を擁護する―メアリ・ウルストンクラフトの挑戦

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月23日 14時06分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784768479421
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0036

内容説明

フランス革命の衝撃がひろがる英国で、保守陣営と果敢に論争する女性論客として一躍有名になったメアリ・ウルストンクラフト。彼女がわずか3カ月で書きあげた義憤と希望の書『女性の権利の擁護』(1792年)は、フェミニズムの古典の筆頭にあげられる。フェミニズムという言葉すらなかった時代、18世紀末イギリスでウルストンクラフトは、どのような「女性」の、どのような「権利」を、どのように「擁護」しようとしたのか。気鋭の思想史研究者が丹念に読み解く。

目次

第1章 『女性の権利の擁護』の誕生とその評価(『女性の権利の擁護』の誕生;『女性の権利の擁護』をめぐる評価の変遷;『女性の権利の擁護』を読む視点)
第2章 「女性」とは誰か(女性はどのような存在か;女性は男性より劣るのか―身体的な性差をめぐって;女性は人を喜ばせる存在なのか―文明社会のマナーをめぐって;女性は男性に従うべきか―キリスト教信仰をめぐって;女性は男性のために存在するのか―対象から主体へ)
第3章 「女性の権利」とは何か(「権利」とは何か―革命論争のなかで;男女共通の権利とは何か―普遍主義の論理;女性独自の権利とは何か―差異主義の論理;能動市民としての女性の権利)
第4章 女性の権利は「擁護」されたか(女性としていかに語るか―自己表象の政治学;誰にむけてどう語るのか―呼びかけの修辞学;メッセージはどう届いたのか―読者が受けとったもの)

著者等紹介

梅垣千尋[ウメガキチヒロ]
1973年生まれ。青山学院女子短期大学准教授。一橋大学社会学部卒業、ヨーク大学18世紀研究所修士課程修了、一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位修得退学。思想史、女性史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。