学習指導要領を読む視点〈2008年版〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784768479254
  • NDC分類 375.1
  • Cコード C0037

内容説明

教育はどこへ向かうのか?今後10年の日本の教育に大きな影響を及ぼす改訂の問題点を読み解く。

目次

総論1 「教育改革」と学習指導要領の改訂
総論2 「車の両輪」とは何か―確実な習得と活用の問題点
総論3 ジェンダーの視点から読み取れるもの
国語 言語能力重視に内在する課題
国語(古典) 「古典重視」にひそむ危うさ
社会 社会科等における愛国心教育システム
理科 「理数教育の充実」の意味―理科を例として
家庭 家庭科の学習指導要領を読む
道徳1 道徳教育の貧困―「よく生きる」ことはどこへ?
道徳2 「道徳」の構造的欠陥
外国語活動「小学校英語」を考える
総合的な学習の時間 戦後史の中の「総合的な学習」とこれから
特別活動 特別活動の終わり

著者等紹介

竹内常一[タケウチツネカズ]
國學院大学名誉教授。専攻は教育学

子安潤[コヤスジュン]
愛知教育大学教授。専攻は教育課程・教育方法学

木村涼子[キムラリョウコ]
大阪大学大学院准教授。専攻は教育社会学

阿部昇[アベノボル]
秋田大学教育文化学部教授。専攻は国語科教育学・授業研究

加藤郁夫[カトウイクオ]
立命館中学校・高等学校教諭(立命館小学校兼務)。専攻は国語教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。