シリーズ藩物語<br> 津山藩

個数:

シリーズ藩物語
津山藩

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784768471456
  • NDC分類 217.5
  • Cコード C0321

内容説明

森氏のあと、徳川家康二男結城秀康の子孫が跡を継ぎ、将軍の息子を藩主に迎え「制外の家」の格式を守る。主家の誉れになるような天下に鳴り響く著作の刊行を目指し、学問を修めた学究の街津山の源流を探る。

目次

第1章 森家の時代―津山のシンボル津山城を築き、藩政の基礎を固める。
第2章 越前松平家の津山藩―家康の子結城秀康を祖とする名家が津山の藩主になった。
第3章 藩政の刷新と挫折、そして新展開―松平康哉が始めた新政は失敗に終るが…。
第4章 近代化と津山藩―動乱の時代に隠居した前藩主斉民(確堂)が活躍する。
第5章 幕末の政局と津山藩―隠居確堂、徳川一門として幕末の難局に対峙する。
第6章 歴代藩主と藩政のしくみ―歴代藩主たちのプロフィールを改めて紹介する。

著者等紹介

岩下哲典[イワシタテツノリ]
1962年、長野県塩尻市生まれ。元津山洋学資料館展示構想策定委員。現在、東洋大学文学部史学科・大学院文学研究科史学専攻教授。博士(歴史学・青山学院大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。