脳電気ショックの恐怖再び

個数:

脳電気ショックの恐怖再び

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月17日 19時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768469507
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C0030

内容説明

電気ショックは管理の道具。医療費節約という旗印の下に、この悪魔の行為が日本中で進行中である。

目次

ESの実際を私自身の体験から
ES処置が治療ではなくて人権侵害であるという理由
無痙攣ショック(療法)ならよいのか?
ESのインフォームド・コンセントということ
ESは一九七〇年代初頭まで頻繁に使われていた
ES処置は管理の道具
管理するという考えは精神科医療では完全には取り払えない
ESの現状を三文書から
ESが治療手段であるかのごとく間違われてしまう歴史
二つの世界大戦を挟む一九三〇年代~一九四〇年代。そして、その後から現在まで
一九九〇年前後から再びESが蔓延し始めた原因
ESによる脳障害の証明、確認の作業

著者等紹介

水野昭夫[ミズノアキオ]
1943年、宮崎県都城市に生まれる。1968年、鹿児島大学医学部卒業。1975年、宮崎市内で開業。現在、医療法人如月会理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

枕流だった人

0
千葉市立図書館

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1848688

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。