脳電気ショックの恐怖再び

個数:
  • ポイントキャンペーン

脳電気ショックの恐怖再び

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月21日 14時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768469507
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C0030

内容説明

電気ショックは管理の道具。医療費節約という旗印の下に、この悪魔の行為が日本中で進行中である。

目次

ESの実際を私自身の体験から
ES処置が治療ではなくて人権侵害であるという理由
無痙攣ショック(療法)ならよいのか?
ESのインフォームド・コンセントということ
ESは一九七〇年代初頭まで頻繁に使われていた
ES処置は管理の道具
管理するという考えは精神科医療では完全には取り払えない
ESの現状を三文書から
ESが治療手段であるかのごとく間違われてしまう歴史
二つの世界大戦を挟む一九三〇年代~一九四〇年代。そして、その後から現在まで
一九九〇年前後から再びESが蔓延し始めた原因
ESによる脳障害の証明、確認の作業

著者等紹介

水野昭夫[ミズノアキオ]
1943年、宮崎県都城市に生まれる。1968年、鹿児島大学医学部卒業。1975年、宮崎市内で開業。現在、医療法人如月会理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。