ヒバクシャ・シネマ―日本映画における広島・長崎と核のイメージ

個数:
  • ポイントキャンペーン

ヒバクシャ・シネマ―日本映画における広島・長崎と核のイメージ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 268p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784768467596
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0074

内容説明

日本映画は原爆をどう描いているか。原爆映画の本格的評論集。

目次

第1章 「もののあわれ」―映画の中のヒロシマ
第2章 ゴジラと日本の悪夢―転移が投射に変わる時
第3章 日本のマンガとアニメーション
第4章 『AKIRA』―核戦争以後の崇高
第5章 占領期の日本映画が描いた原爆
第6章 中心にあるかたまり―『広島・長崎における原子爆弾の効果』
第7章 極端な無垢の時代―黒沢の夢と狂詩曲
第8章 黒沢明と核時代
第9章 抑制された表現―小説・映画『黒い雨』における語りの戦略
第10章 「死と乙女」―文化的ヒロインとしての女性被爆者、そして原爆の記憶の政治学