日本女子大学叢書<br> 原子力推進の現代史―原子力黎明期から福島原発事故まで

個数:

日本女子大学叢書
原子力推進の現代史―原子力黎明期から福島原発事故まで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 308p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768457351
  • NDC分類 539.093
  • Cコード C0030

内容説明

世界唯一の被爆国で、なぜ“原子力推進複合体”という巨大利権が生まれたのか?戦後日本史の歩みと重なり発展してきた原発関連産業の利権構造とは何か?そのごまかしと隠蔽の歴史を膨大な史料から浮き彫りにする。

目次

原子力史の前夜―占領下での経済再編 一九三〇年代から一九四〇年代
原子力推進の黎明―「核の平和利用」という虚構 一九五〇年代
原子力発電の幻想―純国産エネルギーを求めて 一九六〇年代
問題噴出の原子力―原発事故と人びとの不安 一九七〇年代から一九八〇年代
地域社会の買収―「電源三法交付金」と匿名寄付
原発立地と住民たち―経済的ほどこしと、市民たちの勝利なき法廷闘争
第7章 原発の経済性―「低廉な電源」ではない原発
隠された被曝労働―原発を支え続けた男たち
迷走する原子力政策―展望なき巨大プロジェクト
「原子力ムラ」の利益配分―利権をむさぼる外郭団体
日本の原子力推進体制―原発擁護の仕組みと支持者たち
原子力推進複合体―世界をめざす利権配分システム

著者等紹介

秋元健治[アキモトケンジ]
青森県弘前市出身。早稲田大学社会科学部卒業、東北学院大学経済学研究科(経済学修士)、岩手大学連合大学院農学研究科(農学博士)。現在、日本女子大学家政学部家政経済学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

coolflat

10
日本の原子力史を電力九社の成り立ちから福島第一原発事故までの出来事を綴っている。政治家、官僚、経済人、科学者、文化人が、利権に繋がり「原子力推進複合体」がいかに形作られてきたかが理解できる。因みに本書は原子力損害賠償法(なぜ免責条項が導入されたというと日英原子力協定締結直前にウィンズケールファイヤーが起こったから)ができるまでの流れや、水戸射爆場返還から東海再処理工場建設に至るまでの流れが詳しい。これらの経緯は安倍政権が行う原発輸出や再処理政策に密接に繋がっている。これらを止めたくば歴史を知る必要がある。2015/01/08

ゆきまさくん

3
秋元健治教授による書。サブタイトルにあるように、原子力黎明期から福島原発事故までの日本の原子力史。なぜ日本に原発が導入され、推進されてきたかのか。そしてそのために政界、業界、学会などがいかに関わってきたのか。事実に関する詳しい状況が記載されているが、あくまで客観的な記載にとどまり、既読感、既視感があるように感じるのは否めない。2020/01/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8331009

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。