熊本学園大学付属社会福祉研究所社会福祉叢書<br> ハンセン病講義―学生に語りかけるハンセン病 (第2版)

個数:

熊本学園大学付属社会福祉研究所社会福祉叢書
ハンセン病講義―学生に語りかけるハンセン病 (第2版)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月04日 03時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 275p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784768457054
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C0036

内容説明

病から回復しても、ハンセン病者に対する差別と迫害から受けた心傷は癒えない。ハンセン病の歴史と現在に学ぶ。

目次

いま、ハンセン病問題を考えることの意味―本書の課題と内容について
ハンセン病の歴史(中世)
ハンセン病の歴史(近世)
当事者の証言:ハンセン病差別を生きる
日本の近代化過程におけるハンセン病
国際協力(ハンセン病に関して)―世界へはばたけ世界はあなたを待っている
水俣学とハンセン病―未来に伝える
リデル、ライト両女史とハンセン病救済活動
龍田寮の歴史と黒髪校事件について
当事者の証言:ハンセン病差別の中で生きて
隔離との闘いと今後の課題―救済の客体から解放の主体へ
まとめ:偏見・差別のまなざし

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Schuhschnabel

3
熊本学園大学で2010年度に開講されたオムニバス講義の講義録をもとにした本。日本における「癩者」差別の歴史から、黒髪校事件や水俣病など熊本に関係する出来事、元患者たちの経験談、そしてハンセン病問題の現在まで、バラエティに富んでいる。あとは療養所か厚生省の生き字引の方がおられたら完璧だったのにと思わないでもないが。小笠原嘉祐さんが述べている通り、この世から差別をなくすことはできない。できることは、差別の対象にされている人がそれを不当だと自覚していない場合はそれを教えてあげて、一緒に戦うことだと本心から思う。2021/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6877868

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。