「3・11後」忘却に抗して―識者53人の言葉

個数:

「3・11後」忘却に抗して―識者53人の言葉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768456903
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0030

内容説明

百年後も記憶される日に日本の叡智は何を考えたのか。吉本隆明氏最後のインタビューを含む、知識人たちからの伝言。これからの日本社会のあり方を思索する。

目次

高村薫―「人間サイズ」の勧め(11年3月17日)
梁石日―きずな再構築の予感(11年3月22日)
石原信雄―「想定外」に逃げるな(11年3月23日)
秋山駿―凝視と表現 原点に(11年3月24日)
柳田邦男―効率主義との決別を(11年3月29日)
金子兜太―生き物感覚と知性と(11年3月30日)
梅原猛―一〇〇〇年先を見なければ(11年4月1日)
津島佑子―責任は「私たち」にある(11年4月4日)
保阪正康―欠けていた「想像力」(11年4月5日)
内田樹―危機最小化の発想を(11年4月14日)〔ほか〕

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

27
梅原猛さん(86)1000年先を見なければ (35頁~)。 内田樹さん(60)危機最小化の発想を (47頁~)。 緒方貞子さん(83)今は海外の力、必要 (51頁~)。 「国際的な相互依存のうえに立って、 今日の繁栄があるんです。 日本人はこの事実への理解が、 やや薄れていた」(54頁)。 3・11でそれが覚醒したのは確かだ。 吉本隆明さん(86)科学技術に 退歩はない(75頁~)。   2014/05/27

nic

10
まさに晩年の、吉本隆明の科学には科学でしか処し得ないという考えを毎日新聞社記者に語る姿は印象的。本書はインタビューの書き取りで、全体的に各識者の考えに対して深掘りはないからつまらないけど、近年亡くなった知の巨人たちの最期の「断片」を集積した本にはなってしまっている、期せずして。個人的には3.11はある種のイデオロギーの変節になり得る事態だったとは思うけど、それらへの胎動はあったことになるのかどうか。それを検証し得るほどの深さをもっての証言であるべきではなかったか。2019/04/13

おさと

7
言葉の重みと限界を感じる。2017/04/01

rubix56

6
贔屓の作家のみ読了。 3.11後に考えたこと。原発について、政治について、考えせられる。2015/01/18

けんとまん1007

6
識者という言葉にはひっかかりがある。否定はしないが、政治家がそういう場合には胡散臭さを感じてしまうからだ。さて、ここに登場する方たちの意見もいろいろあるのは当然。対立する意見もある。しかし、根底に流れる共通するものもある。タイトルのとおり、忘れてはならないということ、これまでのこの国の背骨のなさに触れていることだと思う。2年が経ち、自分との関係性をどれだけ思い続けるかが、ますます重要になってきている。世の中の動きが、まさに、忘れようとしているからだ。2013/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5748302

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。