Passion ケアという「しごと」

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

Passion ケアという「しごと」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 15時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768435786
  • NDC分類 369.04
  • Cコード C0036

出版社内容情報

30年以上介護職をしてきた著者が、現場で頻発する暴力について考える。社会の底流に追いやられた介護者の「傷」が、弱者への暴力を生んでいる。支援が支配に変わった現場で、他者と共に生きるためのケアはいかにして可能か。

内容説明

福祉の現場で多発する暴力を、ケアワーカーが考える。

目次

プロローグ―私の受難(Passion)と祈り
1章 かけがえのない記憶の結晶
2章 介護・介助現場の暴力の諸相(「本当に」殺したのは誰なのか?;支援が支配と暴力に変容するとき;現場に蔓延する「相互暴力」;女性ヘルパー、いのちがけの妊娠・出産;戦争を生き延びた高齢者―沖縄からの宿題;沖縄への旅―高齢者介護の現場を歩いて)
3章 彼女・彼たちの魂の物語―ともに生きるための挑戦
エピローグ―ケアという「しごと(mission)」

著者等紹介

白崎朝子[シラサキアサコ]
1962年生まれ。介護福祉士。ケアワークやヘルパー初任者研修講師に従事しつつ、反原発運動、女性労働、旧優生保護法強制不妊手術裁判支援などの諸活動と執筆を続けてきた。2009年、平和・協同ジャーナリスト基金賞の荒井なみ子賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒナコ

2
長年ケアワークに関わってきた著者が、ケアワークについて考えたり感じたりし続けた蓄積の集大成とも言える作品。 著者の生育歴から始まり、ケアワーカーとしての遍歴や、労働運動家としての活動の報告など、短い作品ながら、とても内容が深かった。→2020/09/25

chihayahulu

1
ケアという「しごと」に、共感したり思いを深めたりしながらあっという間に読めた。 今は自費のホームヘルパーをしている私が、どうして介護保険の仕事をやめたのか思い出したりした。そしてつらい話より良い思い出の話に心苦しくなった。思うに介護保険の仕事で寄り添いきれなかった苦しさなのではと考えたりもした。 2章のなかの「介護職員はBc戦犯予備軍か?」は、寒々とした思いにさせられた。介護職員の犯罪が起きるなか、新聞やテレビでは決して得られない論考だ。2020/07/17

Go Extreme

0
虐待:構造的問題 福祉は医療より下→介護職への偏見 前線=現場:人間性をはく奪される低賃金労働 年収200万円以下の介護職員 本人にとっての純粋な正義感 支援者:支配者の思想を内面化・支配欲が潜在2020/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15702965

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。