社会的入院から地域へ―精神障害のある人々のピアサポート活動

個数:

社会的入院から地域へ―精神障害のある人々のピアサポート活動

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月06日 01時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 225p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768435564
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C0036

内容説明

長期にわたる社会的入院で人生を根こぎにされた人、ままならない人生に悩み苦しむ人。精神病を病んでいるときも当たり前の日常生活を営むことの幸福を取り戻し、互いの経験をわかちあうために、当事者が贈る「精神障害」へのエール!

目次

第1章 障害者権利条約と精神障害がある人々
第2章 日本の精神障害者の現在
第3章 理念を大切にしたい―病棟転換型居住系施設構想に抗して
第4章 アドボカシー制度の創設を待望して―その人の存在がもつ社会的意味を認識する
第5章 仲間活動がもつ可能性―社会的入院者の地域移行・地域生活定着支援
第6章 地域移行・地域定着支援活動でかかわった仲間の体験―あたりまえに地域社会で暮らしたい
終章 尊厳あるいのちを支え合う―障害がもつ可能性

著者等紹介

加藤真規子[カトウマキコ]
1954年、埼玉県生まれ。ひきこもり・不登校・うつの体験者。特定非営利活動法人こらーるたいとう・代表、DPI日本会議常任委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Koji Takahashi

3
【医療、福祉は手段であって目的ではない!】 「社会的入院」って障害者福祉の仕事をするまで考えたことなかった。 それは「精神疾患を持つ人たちを、本人の意思を無視して病院という名の『牢屋』に閉じ込め、人生を奪うこと」と感じた。 日本は精神病院のベッド数が桁違いに多く、圧倒的に長期入院をさせている『遅れた国』である、恥ずかしいくらいに世界の流れから外れている。 この本を手に取った問題意識を持った人は、より理解を深め感じることができるだろう。 この問題に気づいていない人に届いて欲しいと強く願う。2018/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12309012

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。