自立と福祉―制度・臨床への学際的アプローチ

個数:
  • ポイントキャンペーン

自立と福祉―制度・臨床への学際的アプローチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月28日 18時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 379p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784768435212
  • NDC分類 369
  • Cコード C0036

内容説明

障害者、高齢者、ひとり親家庭等の福祉対象者が、パターナリズムの下に置かれ、自律性を奪われてきたことを規範・制度・臨床面から検証し、福祉がどう自立/自律支援に向き合うのかを展望する。

目次

第1部 自立概念の再検討(自立をめぐる哲学的考察;自立とケアの社会学)
第2部 障害と自立の制度的考察(デンマークにおけるハンディキャップを有する者への就労「支援」と就労能力評価方法;障害者の自立を支える所得保障―現金給付と就労支援の両立 ほか)
第3部 障害と自立の臨床的考察(入院経験者の語りにみる精神科病院と自立;障害者の自立生活と介助―存在価値としての自立へ ほか)
第4部 自立をめぐる福祉社会学的考察(スウェーデンにおける家族政策と女性―「二つの役割」から個人の自立へ;妊娠・出産過程にみる女性の自立―リプロダクティブ・ヘルス/ライツ再考 ほか)
第5部 考察とまとめ

著者等紹介

庄司洋子[ショウジヨウコ]
立教大学名誉教授。東京大学文学部社会学科卒業。ハーヴァード大学教育学大学院修士課程修了。東京都民生局退職後、日本社会事業大学教員、立教大学社会学部教員を経て、現職。福祉政策を家族・ジェンダーの視点から分析

菅沼隆[スガヌマタカシ]
立教大学経済学部教授、博士(経済学)。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。デンマーク・ロスキレ大学客員研究員(2003年度、2011年度)。戦後日本の社会保障制度、デンマーク社会政策を研究

河東田博[カトウダヒロシ]
立教大学コミュニティ福祉学部教授。ストックホルム教育大学教育学研究科修了。四国学院大学・徳島大学を経て現職。「人権」「ノーマライゼーション」を拠りどころに障害福祉課題に取り組んでいる

河野哲也[コウノテツヤ]
立教大学文学部教授、博士(哲学)。立教大学社会福祉研究所所長。慶應義塾大学(1995年)、国立特殊教育総合研究所特別研究員(1995年4月~97年3月)を経て、現職。専門は哲学、倫理学、教育哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。