「共に学ぶ」教育のいくさ場―北村小夜の日教組教研・半世紀

個数:
  • ポイントキャンペーン

「共に学ぶ」教育のいくさ場―北村小夜の日教組教研・半世紀

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 178p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784768435090
  • NDC分類 378
  • Cコード C0037

内容説明

日々の教育実践を確かめ合い、課題をもち寄る日教組教育運動の華=教研において、障害児教育分科会は激しい論戦の場であった。

目次

1 教研に行く
2 障害児教育分科会
3 特殊学級の教員になるということ
4 自主研のことと対策会議のこと
5 特別支援教育をめぐって
6 教研の高校問題
7 私にとっての教研
8 座談会・共同研究者を辞めることにした―石川憲彦さんを囲んで
9 担当者の教研
あとがき 北村小夜さんと教研

著者等紹介

志澤佐夜[シザワサヨ]
1946年、横浜生まれ。1971年~2007年まで、日本教職員組合に在職。そのうちの10年(1981年~91年)を教研担当局で過ごす。当時の第13(障害児教育)分科会、第18(人権教育)分科会の対策会議も担当する。現在は、東京・練馬の地域運動のいくつかに所属。練馬区障害者計画懇談会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。