いま読む!名著<br> 「富」なき時代の資本主義―マルクス『資本論』を読み直す

個数:
  • ポイントキャンペーン

いま読む!名著
「富」なき時代の資本主義―マルクス『資本論』を読み直す

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月28日 18時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768410141
  • NDC分類 331.6
  • Cコード C0333

内容説明

本書は「富のあり方」をテーマに豊かさというものの再考を試みる。なぜなら『資本論』は何より「富」に対する透徹した眼差しに貫かれた書物だからである。まず、本書のキーになる“富”という概念を巡るさまざまな思想家の発想を参照しつつ資本主義の成り立ちについて深く考える。次に“貨幣”に主題を移し、貨幣がリアルな身体とイデア的な身体という二つの身体をもつことを解き明かす。そして「賃労働者は自由なのか」という問いを設定し資本主義における“労働”の有様を丹念に検証していく。最後に、現代における“資本”のグローバリゼーションについて考えながら、限界に突き当たった資本主義を乗り越えることの可能性を展望したい。

目次

序章 マルクスはなぜ『資本論』を書いたのか
第1章 資本主義の「起源」
第2章 貨幣の「創世記」
第3章 賃労働の変容
第4章 資本のグローバリゼーション
終章 資本主義を超えて

著者等紹介

沖公祐[オキコウスケ]
1971年、広島県生まれ。東北大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。現在、香川大学経済学部教授。専門は、経済理論、社会思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『資本論』が世に出て150年あまり、私たちは当時よりも豊かになったのだろうか。本書は、「富のありかた」をテーマに、本当の豊かさを再考する。まず、本書のキーとなる【富】という概念について、アダム・スミスをはじめ多くの思想家の発想を参照しながら考察。次に、【貨幣】に主題を移し、市場の発達に伴い、つかまえようのない幽霊のような存在になってしまった貨幣の姿を追う。そして「賃労働者は自由なのか?」という問いを設定し、資本主義と【労働】の問題を検証。最後に、現代社会のグローバリゼーションにおける資本主義の現状を踏まえ、資本主義の限界を乗り越える可能性を示唆する。

序 章 マルクスはなぜ『資本論』を書いたのか
第1章 資本主義の「起源」
第2章 貨幣の「創世記」
第3章 賃労働の変容
第4章 資本のグローバリゼーション
終 章 資本主義を超えて

沖公祐[オキコウスケ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件