ホスピタル・プレイ入門―Hospital Play Specialistという仕事

個数:

ホスピタル・プレイ入門―Hospital Play Specialistという仕事

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月19日 17時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784767932651
  • NDC分類 492.939
  • Cコード C3037

内容説明

日本初!遊びを使って病気療養中の幼児・児童を支援する理論と方法。

目次

1 Hospital Play Specialistとの出会い
2 病院における遊びを用いた支援の歴史
3 Hospital Play Specialistとは
4 HPSの具体的な役割
5 子どもの発達に合わせたHPSのかかわり
6 慢性疾患および長期入院への対応
7 HPSが直面する問題
8 ボランティアの活用と遊びの重要性
9 子どもにとって遊びはどんな意義があるか―その臨床心理的考察

著者等紹介

松平千佳[マツダイラチカ]
静岡県立大学短期大学部准教授。佛教大学大学院社会学研究科博士課程後期満期退学。ホスピタルプレイの方法論・養成を専門分野として活動

ジュン‐タイ,ノーマ[ジュンタイ,ノーマ]
キングストン病院小児科勤務。1983年からホスピタル・プレイ・スペシャリストとしてキングストン病院小児科チームに加わる。NESCOTカレッジ等でホスピタル・プレイ・スペシャリストの養成に関わる

藤中隆久[フジナカタカヒサ]
熊本大学教育学部准教授。九州大学大学院教育学研究科博士後期課程単位修得退学。クライエント中心療法、心理療法、バウムテスト、ジェンダー形成をおもな専門分野とする

クーロウ,ブロンディ[クーロウ,ブロンディ]
Playright Children’s Play Association香港のマネージャー。英国マンチェスターBolton CollegeにてHospital Play Specialist資格取得

中村仁美[ナカムラヒトミ]
静岡県立大学短期大学部HPS事務局。コロンビア大学大学院ソーシャルワーク修士号取得。NY市カウンセリングセンター等で児童カウンセラーとして勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。