逃げたっていいじゃない

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

逃げたっていいじゃない

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月21日 09時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784767831596
  • NDC分類 159
  • Cコード C0095

出版社内容情報

逃げたっていい。

いや、逃げなきゃいけないときもある。

そして、逃げればたいていのことは解決する。

精神科医で「逃げの達人」が教える

香山流“逃げ方のコツ”

バブル以降の閉塞感あふれる現代社会の闇から
逃げ遅れて心を病む人、自殺したりする人が後を絶たない。
こうした不幸をなくすためには、兎にも角にも逃げることだ。
人間関係だけにとどまらず、SNSなどで流される噂、
同調圧力、他者の目が気になるルッキズム、
現代人が直面するさまざまな「圧力」から
軽やかに逃げる生き方を提案する。

■目次
1章 心がつらいときは逃げていい
2章 働きづらい職場から逃げる
3章 家族のうっとうしさから逃げる
4章 ジェンダー、ルッキズムから逃げる
5章 ネットの呪縛から逃げる
6章 「逃げる」は戦うことでもある

■著者プロフィール
香山リカ(かやま・りか) 1960年札幌市生まれ。東京医科大学を卒業後、精神科医となる。
臨床のかたわら帝塚山学院大学教授、立教大学教授などとして教育活動にも携わる。
豊富な臨床経験を活かして現代人の心の問題を鋭くとらえるだけでなく、政治・社会評論、サブカルチャー批評など幅広いジャンルで発信を続ける。
50代になってからかねてからの夢だった総合診療医としての勉強を始め、2022年4月より、北海道のむかわ町国民健康保険穂別診療所で僻地医療に取り組んでいる。
学生時代に始めた執筆活動、週末の東京での精神科医としての臨床はいまも継続中。
北海道と東京、二拠点生活を楽しむ日々を送る。趣味は、北海道日本ハムファイターズの応援。

内容説明

生き延びるために、逃げるは必要。バブル以降の閉塞感あふれる現代社会の闇から逃げ遅れて心を病む人、自殺したりする人が後を絶たない。こうした不幸を無くすためには、兎にも角にも「逃げること」だ。人間関係だけにとどまらず、SNSなどで流される噂、同調圧力、他者の目が気になるルッキズム。現代人が直面するさまざまな「圧力」から軽やかに逃げる生き方を提案する。

目次

第1章 心がつらいときは逃げていい
第2章 働きづらい職場から逃げる
第3章 家族のうっとうしさから逃げる
第4章 ジェンダー、ルッキズムから逃げる
第5章 ネットの呪縛から逃げる
第6章 「逃げる」は戦うことでもある

著者等紹介

香山リカ[カヤマリカ]
1960年札幌市生まれ。東京医科大学を卒業後、精神科医となる。臨床のかたわら帝塚山学院大学教授、立教大学教授などとして教育活動にも携わる。豊富な臨床経験を活かして現代人の心の問題を鋭くとらえるだけでなく、政治・社会評論、サブカルチャー批評など幅広いジャンルで発信を続ける。50代になってからかねてからの夢だった総合診療医としての勉強を始め、2022年4月より、北海道のむかわ町国民健康保険穂別診療所で僻地医療に取り組んでいる。学生時代に始めた執筆活動、週末の東京での精神科医としての臨床はいまも継続中。北海道と東京、二拠点生活を楽しむ日々を送る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

53
流し読み。逃げることは悪いことじゃないのに、改めて逃げるって難しい。昭和の時代、バブル、平成、令和と働き方もだいぶ変わり、連絡手段も変わり、自由になったと思っていたら実はより縛られているなんて怖いなぁ。2023/09/09

おいしゃん

26
読みやすく、わかりやすい。職場や家庭や人間関係など、様々なつらさからの、戦略的な逃げ方の指南。逃げることは大切だが、どうこの先プラスにもっていくかはやりようによって、ということも実感。2023/10/11

チャー

14
精神科医の著者が過度な負担を避けて自身を守るための考え方を綴った本。何かしらの強迫観念で疲弊しきっていたとしても続けてしまうスタイルを見直すための視点が紹介されている。逃げる行為はずるいというイメージがあるが、自分が自由になるための手段である。災害が起こったら逃げなければならないという指摘は確かにと納得。心身の不調もこれと同じであるというところをどこかで心得ておくことは重要であり、冷静に状況を見直すための良いきっかけになる。家族や友人は自分をわかってくれるものであるという考えは幻想。意見の相違は当たり前。2024/05/19

えりー

4
中3受験生反抗期甘ったれ息子に逃げたいと思って読みました。(笑) 現実は逃げられませんが…(まぁ、あと数年後にはまた状況も変化してるだろうし、その頃には今度は両親の介護に直面してるかも。問題が同時多発だけしなければ自分の力でなんとかなる。)と思ったり(笑)1人で考え込む癖があるので、そんなときは図書館で適当に選んだ本読んで、近所を散歩して、好きな食べ物食べて、たくさん寝て、お風呂長めに入って、仕事はほどほどにやっていきたい。(ありきたりだけど、忘れがちなのでこうして文章にして残します。)2023/09/03

月華

2
図書館 表紙がとても可愛らしいです。所々に著者の写真も載っていました。学生さんの考え方にも触れられていました。2023/12/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21404243
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。