毎日、一輪。―はじめて花・葉・枝を生ける人のための手引帖。

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり

毎日、一輪。―はじめて花・葉・枝を生ける人のための手引帖。

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2024年04月24日 19時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784767831268
  • NDC分類 627.9
  • Cコード C0076

出版社内容情報

植物・花器の選び方から、コーディネート、飾り方、長く楽しむ方法まで──
眺めて美しい、読んでためになる、“一輪飾り”のガイドブック・図鑑・写真集。

本書は、四季を通して毎日、誰でも気軽に簡単に
お花を楽しめるようになる本です。

お花好きの人でも、たくさんの立派な花々を、部屋に絶やさず飾るのは大変。
鉢植えやガーデニングに手をつけるには、
時間も知識も自信がないという人も少なくないでしょう。
そのような人は、まず気軽に「一輪」からはじめてみませんか。
一週間に一度、お花屋さんに立ち寄り、好きな花を一本買ってくる。
お気に入りの花瓶に挿し、部屋の目に付くところに飾る。
それだけできっと暮らしが豊かなものになるはずです。

本編では、一年を通して一週間ごとに1つずつ、一輪飾りにふさわしい花を選び、
美しい写真とともに、花の特徴やそれにまつわるエピソードなどを紹介。
適した花器の形や水の量、日持ちなどがひと目でわかり、
よい花の選び方、お手入れ方法、飾り方のポイントなども知ることができます。
そのほか、花を美しく見せるためのセオリーやルールがひと目でわかる
飾り方・生け方を教える「デザインメソッド」、
これだけ持っておけば大抵の植物の一輪飾りに対応できる
5つのタイプの花瓶の解説など、
花を生けることに慣れていない人が、ためになる実用的な内容も満載です。

内容説明

一週間ごとに季節の花を飾って「毎日、一輪。」花の特徴から、適した花器や水の量、日持ち、選び方、お手入れ、飾り方まで、見て美しい、読んでためになる一輪飾りの図鑑。花を美しく見せるためのセオリーやルールがひと目で分かるように写真とともにやさしく解説。一輪だけでなく、複数本の花を飾るときもためになる内容です。「最低限これだけ持っておけばOK」。大抵の植物の一輪飾りに対応できる、5つのタイプの花器を紹介。

目次

第1章 四季の毎日、一輪飾り。(1月の一輪飾り;2月の一輪飾り;3月の一輪飾り ほか)
第2章 美しく飾る、12のデザインメソッド。(花と器、基本の比率は2:1;3:1で美しい茎を見せる;大きな花は傾けて奥ゆかしさを ほか)
第3章 そろえておきたい5つの一輪挿し。(ボトル型;グラス型;寸胴型 ほか)

著者等紹介

小野木彩香[オノギアヤカ]
夫婦で営んでいる北中植物商店の「花部門」を担当。都内を中心としたウエディング・店舗装飾のほか、イベント出店、教室を行っている。草花を使ったスタイリング、独創的なアレンジメントに定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シナモン

109
一輪だからこそ味わえる凛とした佇まいに魅了されました。こんな飾り方もあるのかと参考にもなります。生けるときのちょっとしたコツやそろえておきたい一輪挿しなども紹介されてて、パラッと見るだけのつもりが読み終えたあと手元に置いて置きたくなりました。とても素敵な一冊です。2023/05/05

G-dark

17
季節ごとのお花を365日生けるアイディアが載っている本。たった一輪の花を飾るだけで、お部屋がパッと華やぎます。世の中にはお花に関する本が沢山ありますが、この本の著者の場合は奇をてらわずに草花のありのままの可愛らしさをごく自然に伝えてくれる感じがします。この本には、「水を吸い上げやすい」「水が多いと茎が溶ける」「思わぬ方向に向きを変える」といった花ごとの特性や、お花屋さんで買う時にどんな一輪を選べばいいか、花器の選び方、生け方のコツも載っているので、とても参考になりました。2023/08/28

3
いい感じに生けるコツも分かりやすくて良い。雑草と呼ばれる植物も素敵な感じ。水は花瓶にたっぷり入れるものだと思ってたから参考になりました。2023/06/18

それでいいのよ

1
何種類かの花を生けるのも良いけれど、一輪挿しも素敵。2023/11/28

めっきらもっきらどーんどん

0
多分また読む。お花カレンダーな一年やりたい。2023/12/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21034265
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。