上質に暮らすおもてなし住宅のつくり方

個数:

上質に暮らすおもてなし住宅のつくり方

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月21日 14時54分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 160p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784767823737
  • NDC分類 527
  • Cコード C0052

出版社内容情報

北欧で“自然体に生きる”生活哲学を学んだ人気建築家が贈る、毎日が喜びにあふれる家のつくり方。
設計者の配慮と経験の集結ともいえる「おもてなし住宅」は、住まいの暮らしを豊かに彩り、訪れる人々をあたたかく迎え入れてくれるのだ。住まい?に寄り添った住宅設計を数多く?がけ建築知識でのディテール連載も好評だったリオタデザイン・関本氏の考える「おもてなし住宅」のつくり方を紹介します。

内容説明

住宅はただ美しいだけの作品ではなく、毎日を快適に過ごせる家族の器でなければならない。そのような住宅を実現するためには、設計者による「細やかな気配り=おもてなし」が不可欠である。設計者の配慮と経験の集結ともいえる「おもてなし住宅」は、住まい手の暮らしを豊かに彩り、訪れる人々を温かく迎え入れてくれる。

目次

1章 プランニングから考える(周囲の環境に左右されないプライベート空間をつくる;北側に大きく開くことで最高の眺望を手に入れる;住宅の個性的な表情が街並みをつくる;どんな敷地でも快適環境はつくれる;家族は同じ平面で緩やかにつながる ほか)
2章 ディテールから考える(玄関はライフスタイルで決まる;家族の交流と子どもの空間を考える;より効果的な吹抜け空間のつくり方;唯一無二の!?キッチンのつくり方;リオタ式収納整頓術 ほか)

著者等紹介

関本竜太[セキモトリョウタ]
1971埼玉県生まれ。1994日本大学理工学部建築学科卒業。1994~99エーディーネットワーク建築研究所。2000~01フィンランド・ヘルシンキ工科大学(現アールト大学)留学。2002.02リオタデザイン設立。2008OZONE P1グランプリグランプリ受賞。2007~09TEPCO快適住宅コンテスト作品部門入選。2014住まいの環境デザインアワード優秀賞。日本大学理工学部非常勤講師。日本建築家協会(JIA)会員。北欧建築・デザイン協会(SADI)理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。