むさしの学園小学校の母親を変える教室―子どもの心を育てる「伝え方」

個数:
電子版価格 ¥966
  • 電書あり

むさしの学園小学校の母親を変える教室―子どもの心を育てる「伝え方」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月23日 11時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784766785586
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0037

内容説明

子どもを変える「覚悟」が本当にありますか?不幸にするも、幸せにするも、「母の言葉」次第。子どものために母親が変わる!45の言葉。

目次

第1章 「ママ、ありがとう!」と子どもが言い出す10の言葉(「いま、いいかな?」尊重されている自分を感じ、自信をつける;「そっか~」受け止めるだけで、気持ちが軽くなる ほか)
第2章 「ママはわかってくれない!」と子どもが感じる9つの言葉(「なんでやったの?」子どもは“責任追及”だと感じる;「早く!」親が一番よくわかっている危険な一言 ほか)
第3章 大人のプレッシャーから子どもを守る7の言葉(「…」言葉を捨て、目と手で存在を認める;「嫌なことがあったようね」気持ちを代弁してあげると早く落ち着く ほか)
第4章 「ママ、学校楽しいよ!」と子どもに言われるための8の言葉(「できるようになったわね」比較するのは“わが子の過去”だけ;「一緒にやろっか?」忘れ物で自信を失わせるほうが怖い ほか)
第5章 子どもが一番大切なのは母親 あなたが輝くための10の言葉(「いま、どんなことを感じていますか?」たまには自分の気持ちと向き合う;「どうなったら満足できますか?」子どもを通して、何を得たいのか ほか)

著者等紹介

青木洋介[アオキヨウスケ]
むさしの学園小学校教諭。「等身大」の子育て相談室・アンソレイユ代表。1976年生まれ。むさしの学園小学校で学級担任をする傍ら、「マザー・ファースト」(お母さんが変われば、子どもも変わる)という理念の下、新たな気づきを提供するセミナーや個人セッションをおこなっている。1999年、学習院大学法学部政治学科を卒業後、母校でもあるむさしの学園小学校に勤務。2000年、むさしの学園小学校に勤務しながら、青山学院大学文学部第二部教育学科に学士編入(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。