弱者の戦略―人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則

個数:
電子版価格 ¥1,144
  • 電書あり

弱者の戦略―人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 08時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784766784350
  • NDC分類 159
  • Cコード C0034

内容説明

「夢」だけでは、生きていけない。「感謝」だけでも、ただのイイ人。「戦略」で愛する人を救うのだ。

目次

第1章 弱者が必ず勝てる「成功法則」を発見!
第2章 中小ベンチャーの成功法則を「やずや」に学べ!
第3章 「七転び八起き」の軌跡
第4章 人生の成功は「夢×戦略×感謝」だ!
第5章 「弱者の戦略」は自然法則、天の摂理だった
第6章 夢を果たす

著者等紹介

栢野克己[カヤノカツミ]
「人生は逆転できる!」が使命の零細企業コンサルタント・講演家。福岡市出身、立命館大学卒。自らもヤマハ発動機・リクルート・他7社の就職・転職・起業に失敗。ウツ病5回・借金1億・自殺未遂を経て8社目の(株)インタークロスで七転び八起き。1992年より毎月毎週1000回を越える勉強会「九州ベンチャー大学」主催。零細企業・起業・人生逆転をテーマに全国・アジアで年100回の講演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

電波時計

6
2008年刊行のビジネス書。ランチェスター戦略のさわりと経営マインドについてわかりやすく解説し、動画と同様に栢野さんの熱い思いがよく伝わってくる内容だった。第6章を読むと、中国がアフリカ外交で成功している理由(中小零細企業が現地で下支えしている)がよくわかる。2016/06/20

黒木 素弓

4
前半は、中小企業が成功するにはどんな方法を取ればいいのかが、いろんな事例を通して書いてあります。後半は、著者の波乱万丈な人生。とても興味深く、どんなに落ち込んでもきっと這い上がれるという自身もつきます。どん底にいても、栢野さんはもがき続けました。うつになっても、諦めませんでした。そのパワーが素晴らしいと思います。少々言葉は乱暴な方ですが、私は人間臭くて大好きです。2011/10/21

SIS(Taka)

3
自分の人生に迷いが生じている人に是非お薦めしたい本。ランチェスター戦略は聞いた事はあったが、本書はそれを噛み砕いて説明してくれている。中小企業の人達のビジネス戦略のアウトラインが分かる良い本である。著者の人生録の章も読み物として読めば面白い。2009/07/30

おかでぃ

2
なんかダメな人でもやれる!ってポジティブになれる本。言われてみれば当たり前なことなんだけど、気付けてないことが多かった。データを基に戦略を考え一生懸命やって改善するを繰り返せば成功しないわけがない。本気でできると思うし、できると思うことができることに繋がると思う。なんか書くとわけわからない感じになっちゃうけど、間違ってないはず。ランチェスター戦略は知ってみるといろんなところで使われてるのに気付く。2012/07/07

チェリーブラボー

2
表紙に抜け字発見(笑)。著者のアルファベットの姓が違ってます。中身は良かった2009/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/523318

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。