タツの本*Ryu novels<br> 帝国海軍激戦譜―海軍航空主兵計画

個数:

タツの本*Ryu novels
帝国海軍激戦譜―海軍航空主兵計画

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 203p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784766732047
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

大艦巨砲に見切りをつけた山本五十六は、日本の航空技術の進展を図り、海軍の航空機を純国産機で一新することを決意する。さらには海軍の空軍化も目論む…。昭和13年11月、鹿島の射爆場である実験が行われた。陸海軍の要人が見守るなか、高度3000メートルから九七式艦攻が、戦艦の防御鋼鈑に見立てた標的に800キロの徹甲弾を投下。航空機による戦艦撃沈の可能性を証明する実験であった。日米関係が緊迫する昭和16年12月、ハルゼー中将率いる第二機動部隊が真珠湾を出港し、西南西に針路を向けた。その先には、クェゼリン環礁に向かう輸送船団を護衛する第一航空戦隊の姿があった…。

著者等紹介

和泉祐司[イズミユウシ]
1944年生まれ。東京理科大学卒業。コンピュータ会社で基本ソフトウェア、教育システムの開発に携わる一方で長年、戦争に関する書籍を読み漁って「日本必勝への途」を探り、執筆活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。