タツの本*Ryu novels<br> 零の栄華―「ゼロ・ソード」の胎動

個数:

タツの本*Ryu novels
零の栄華―「ゼロ・ソード」の胎動

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 211p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784766731941
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

日本はワシントン、ロンドンの海軍軍縮条約で予想をこえる厳しい条件を突きつけられた。海軍を二分する激論に揺れながらも、国内経済・財政の健全化と避戦を目的に受託し、条約締結に踏みきった。しかし混沌とする世界情勢のなか、海軍艦隊派は開戦への道を突き進む…。欧州で勃発した変事により孤立した日本は、アメリカとの全面戦争を余儀なくされる。亡国か、それとも降伏しての三流国への転落か…。日本の運命は、日本海軍が世界に誇る零式艦上戦闘機「零戦」をはじめとする航空戦力、そして飛躍的に向上した工業力により実現した高速艦隊が握っていた!

著者等紹介

遙士伸[ハルカシノブ]
1969年仙台市生まれ、東北大学卒業。「IF」の大戦をリアリティー重視で再構築し、あくまで実現可能な設定を考慮しつつ、登場人物の個性やドラマ性を重視した作風にファンは多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ikedama99

0
続きを購入したので、再読。出だしの話の作りが、好みです。堀を持ってきたところなど、なかなかです。切れ味のよい、先見性・・はすかっとしますね。艦隊派の去った後の日本の方向、また読んでいきたいです。2014/05/14

ikedama99

0
続きを購入したので、読み直し。改めて、堀の位置づけや先を見通した計画などがうまく生きてくる。井上や米内もそれぞれの得意分野でうまく活躍しているし、山本ははまり役のようだ。ドイツ・イタリアが戦列をはなれ、戦艦を失った日本がどう戦っていくか・・楽しみです。2013/12/25

ikedama99

0
買ってきての一気よみでした。初めて読む作者ですが、波長が合う感じがしています。堀悌吉を中心としたグローバルな視点と搭乗員たちや砲術長の話などが入れ替わりつつ進みますが、無理なく展開している感じです。艦隊派をこれだけ表に出すのも珍しい展開です。堀の視点と手の打ち方は、切れ味のするどさを感じますし、これは必ずあとで生きてくるものになるだろうと感じています。山本の位置づけも面白い。続きに期待します。2013/06/23

YS-56

0
欧州情勢が複雑怪奇すぎますね。零戦の活躍はこれからかな?2013/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6854733

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。