西田幾多郎 生成する論理―生死(しょうじ)をめぐる哲学

個数:
  • ポイントキャンペーン

西田幾多郎 生成する論理―生死(しょうじ)をめぐる哲学

  • ウェブストアに19冊在庫がございます。(2020年09月21日 03時22分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 260p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784766426908
  • NDC分類 121.6
  • Cコード C3010

内容説明

「いかに生き、いかに死ぬか」西田は、実在の論理を徹底的に追究することで、「人生の問題」を究極まで突き詰めようとした。代表著作からその思索の軌跡をたどり、西田哲学の核心に迫る。

目次

序 西田幾多郎と同時代の読者たち
第1章 意識と論理のあいだ―西田哲学の原点
第2章 矛盾を包むものの追究―場所の論理
第3章 私は私に於てある―自覚と自己
第4章 迷える自己が見えてくる―一般者の自覚的体系
第5章 裏から表を見る―絶対無の自覚
第6章 世界の方から考える―弁証法的世界
第7章 生か死か―絶対矛盾的自己同一
終章 現代世界における哲学と生死の問題

著者等紹介

氣多雅子[ケタマサコ]
1953年静岡市生まれ。現在、京都大学名誉教授。日本宗教学会元会長。専門は宗教哲学。1982年京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学。1998年京都大学博士(文学)。2000年より京都大学文学研究科教授、2018年3月京都大学を定年退職。1992年『宗教経験の哲学』(創文社)で日本宗教学会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

▼西田哲学のエッセンスを解き明かす。



 急激な近代化を背景に新たな日本の哲学を構築する必要性に迫られた西田は、いかに「人生の問題」を哲学的課題として生涯、考究し続けたのか? 

 本書は『善の研究』から『哲学論文集』まで代表作を順に読み解くことで、実在の論理を徹底的に追究し、「いかに生き、いかに死ぬか」という問題を究極まで突き詰めようとした西田哲学の核心に迫る。