入門講義 戦後日本外交史

個数:

入門講義 戦後日本外交史

  • ウェブストアに34冊在庫がございます。(2020年02月21日 04時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 309p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766425833
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C1031

内容説明

憲法、日米安保、歴史問題、沖縄基地問題、北方領土問題…。日本が抱える外交問題の起源はここにあった。占領期から現在までの日本外交を変動する国際政治のなかで読みとき、将来への視界を切りひらく、日本外交史入門の決定版。

目次

第1章 敗戦と占領(一九四五‐五〇年)
第2章 冷戦下の講和と日本外交(一九五〇年代(1))
第3章 戦後体制の成立(一九五〇年代(2))
第4章 経済大国日本の外交(一九六〇年代)
第5章 デタント下の日本外交(一九七〇年代)
第6章 国際国家日本の外交(一九八〇年代)
第7章 冷戦後の日本外交(一九九〇年代)
第8章 小泉外交から民主党外交へ(二〇〇〇年代)
第9章 第二次安倍政権の外交(二〇一二年‐)

著者等紹介

添谷芳秀[ソエヤヨシヒデ]
1955年生まれ。慶應義塾大学法学部教授。上智大学大学院国際関係論専攻博士前期課程修了、ミシガン大学大学院政治学専攻博士課程修了、Ph.D.(国際政治学)。外務省政策評価アドバイザリーグループ・メンバー(2003‐2013)ほか。専門:日本外交史、東アジアの国際関係、国際政治学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

憲法、日米安保、歴史問題、沖縄基地問題、北方領土問題……。

日本が抱える外交問題の起源はここにあった。



占領期から現在までの日本外交を変動する国際政治のなかで読みとき、

将来への視界を切りひらく、日本外交史入門の決定版。