制度とは何か―社会科学のための制度論

個数:
電子版価格 ¥3,520
  • 電書あり

制度とは何か―社会科学のための制度論

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2022年05月18日 09時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 346p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784766425659
  • NDC分類 331
  • Cコード C3033

出版社内容情報

本書は社会科学が独自に分析してきた「制度」という問題を、ゲーム理論、分析哲学を駆使して、共通の土台を作ることを目指した試み。▼社会科学における大きな問い――「制度とは何か」に答える。

▼経済学、政治学、社会学、人類学、哲学を架橋する。



社会における習慣、ルール、貨幣、結婚といった「制度」はなぜ「存在」するのか。経済学、社会学、人類学等の社会科学が独自に分析してきた「制度」という問題を、ゲーム理論、分析哲学といったツールを駆使して、共通の土台を作ることを目指した気鋭の科学哲学者による野心的な試み。

イントロダクション



第1部:統一

 第1章 ルール

 第2章 ゲーム

 第3章 貨幣

 第4章 相関

 第5章 構成

 第6章 規範性

 

幕間

 第7章 読心

 第8章 集合性



第2部:応用

 第9章 再帰性

 第10章 相互作用

 第11章 依存性

 第12章 実在論

 第13章 意味

 第14章 改革

フランチェスコ・グァラ[エフアールエーエヌシーイーエスシーオー ジーユーエーエルエー]
著・文・その他

瀧澤 弘和[タキザワ ヒロカズ]
著・文・その他

水野 孝之[ミズノ タカユキ]
翻訳

内容説明

世界を理解するためには、“制度”を理解する必要がある。経済学、政治学、社会学、人類学、哲学を横断する。

目次

第1部 統一(ルール;ゲーム;貨幣 ほか)
幕間(読心;集合性)
第2部 応用(再帰性;相互作用;依存性 ほか)

著者等紹介

グァラ,フランチェスコ[グァラ,フランチェスコ] [Guala,Francesco]
1970年生まれ。LSEで科学哲学のPh.D.を取得。エクセター大学で准教授等を歴任のあと、現在、ミラノ大学の政治経済学教授

瀧澤弘和[タキザワヒロカズ]
中央大学経済学部教授。東京大学経済学研究科博士課程満期退学

水野孝之[ミズノタカユキ]
中央大学大学院総合政策研究科博士前期課程。中央大学経済学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

jabrafcu

9
芸術や批評とはなんだろうと考えていくにあたって,制度についての理論を学ばねばならないだろう,という動機から手に取った書(サールに次いで2冊め)。前半のルールベースの制度論とゲーム理論的な均衡ベースのそれを統合しようとする試みは刺激的で,サールへの批判もなるほどと説得された。が,後半の概念と実在の関係を扱った議論は,人々が現実を作っていることより人間から独立した実体の存在を前提しているように感じられて(?),うまく飲み込むことができなかった。読める人のご意見を拝聴したいところである。2021/11/30

すずき

2
訳が読みやすい。目次に要約があって構成が分かりやすく、訳者解説が丁寧なのもよい。制度は、「コーディネーション問題の相関均衡であるルール」であるという機能によって定義される種(しかも、これは人間の認知の仕方に依存しないような頑健な仕方で実在する種)というのがコアの主張で、ルール説と均衡説のいいとこ取りをしている。前半は特にわかりやすく説得的に感じた。後半の実在周辺の話はちょっと追うのが大変だったが、最後の結婚制度に関して規範アプローチではなく純粋記述的に制度の変革を説明できるという議論は面白かった。2021/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13261160

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。