迷わず書ける記者式文章術―プロが実践する4つのパターン

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

迷わず書ける記者式文章術―プロが実践する4つのパターン

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2020年08月11日 09時03分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784766424966
  • NDC分類 816
  • Cコード C2000

目次

第1章 文章を書くとはどんな作業か
第2章 構想を練る
第3章 取材の方法
第4章 設計図を描く
第5章 文を書く
第6章 読みやすい文章とは
第7章 推敲する
第8章 説得力を高める
第9章 トレーニング編
終章 本質を突く文章術

著者等紹介

松林薫[マツバヤシカオル]
1973年、広島市生まれ。京都大学経済学部、同修士課程を修了し、1999年に日本経済新聞社に入社。東京と大阪の経済部で、金融・証券、年金、少子化問題、エネルギー、財界などを担当。経済解説部で「経済教室」や「やさしい経済学」の編集も手がける。2014年に退社。11月に株式会社報道イノベーション研究所を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

▼「速く」「正確に」「わかりやすく」書く技術を伝授。

▼「取材」から「推敲」まで記者のテクニックの全公開。

▼社内報告書や企画書、エントリーシートまで幅広く応用できる。



元・日本経済新聞記者の松林薫氏(『新聞の正しい読み方』(NTT出版)の著者)が、大手新聞で標準的に使われているメソッドを分かりやすく説明します。

多忙なビジネスパーソンこそ是非活用してほしいスキルが満載です。