生命の教養学<br> 食べる―慶應義塾大学教養研究センター極東証券寄附講座 生命の教養学〈12〉

個数:

生命の教養学
食べる―慶應義塾大学教養研究センター極東証券寄附講座 生命の教養学〈12〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 298p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784766424324
  • NDC分類 498.5
  • Cコード C0045

内容説明

「生命」の意味を限りなく広く捉えていく「生命の教養学」。今回の「食べる」の各論は、ローカルとグローバリゼーションとの関係、日本における食の持続可能性とその危機、食文化の生成発展のさまざまな姿、また食と健康をめぐる東西の医学の過去と現在、そして食の未来(革命)を語っていく。

目次

1(「スローフード」運動とは何か;ワインにみるグローバリゼーション)
2(魚はいつまで食べられる?;日本の食料と農業)
3(食から見るイタリア史;食べられるブタ、嫌われるブタ、愛でられるブタ―沖縄のブタ食文化から考える;日本人の食べ方・味わい方から見る日本の文化)
4(東アジアの食餌―消化と健康;生体のエネルギー出納バランスと体重コントロール)
5(「食べる」を「体験する」;発酵食品の神秘)

著者等紹介

赤江雄一[アカエユウイチ]
慶應義塾大学文学部准教授。1971年生まれ。リーズ大学大学院博士課程(Ph.D.)。専門は西洋中世史(宗教史・文化史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。